「今日はとっておきを紹介するよ!」と笑顔のSHEILAさん

写真拡大

普段から六本木エリアにでかけることが多いというSHEILA(シェイラ)さんが、よく行くというお気に入りのスポットを紹介してくれた。お店のエピソードを交えながら、SHEILAさんのいちおしメニューや美の秘訣をお届け!

【写真を見る】マーサーブランチは、隠れ家のような一軒家レストラン

■ マーサーブランチ

ニューヨークにある公園“グラマシー”をイメージして2012年にオープンした同店舗。名物のフレンチトーストをはじめ、最新のニューヨークグルメをブランチやディナーで食べられる。「40歳の誕生祝いに、友達がサプライズランチでこのお店に招待してくれたの!」とSHEILAさん。それをきっかけによく通うようになったのだそう。

店員さんとも仲良しで、新しくオープンした店舗の話にも花が咲く。

注文したのは、ふわふわのブリオッシュフレンチトーストがセットになった、「サーモンのタルタルとアボカドとポーチドエッグ ディルソース」(1700円)と、自家製パン付きの「ウニとホタテのオムレツ ウニクリームソース」(1600円)。オムレツは最近何気なく頼んだらとってもおいしくて、「ウニブーム中!」とのこと。

「フレンチトーストもすごくやわらかくておいしいよ!」とご満悦。「個室なら子どもと一緒でも安心だし、子どもが食べられるものやデザートもいっぱい!ママ友たちと集まって、同窓会や誕生会、忘年会もここでしてるよ」と、お気に入りのポイントを教えてくれた。

■ ジュリーボーテ

麻布十番駅から徒歩1分のところにある同店は、韓国骨気法を取り入れた施術で、小顔に矯正してくれるサロン。顔だけでなく、骨盤矯正やO脚の矯正なども行っていて、体のバランスを整え、美と健康に導いてくれる。

ジュリーボーテには、たるみ防止のメンテナンスに月1回ほど訪れているそう。「でも忙しくて間が空いちゃったときは、2週間に1回くらいに増やして調子を整えているよ。晃絵ちゃんとはいつも子育ての話をしてて、ママ友みたいな感じ!」と、オーナーの西晃絵さんとも仲良し。

施術後に提供されるハーブティーでリラックスし、「ジンジャーのお茶がとってもおいしいの」とSHEILAさん。今日は短い時間だったけど、リフレッシュできたよう。

■ お菜屋 わだ家

SHEILAさんの事務所の先輩でもある和田アキ子さんが「我が家」のような空間をコンセプトにプロデュースしている店。同店名物の、関西風のおだしでいただく「わだ家流 豚のしゃぶしゃぶ」は、SHEILAさんも来たら必ず注文するという一品。

鍋料理が好きで、色んな店のしゃぶしゃぶを食べてきたというSHEILAさんだけど、「わだ家さんはやっぱり特別。旨みが強い出汁とシンプルな具材で、お肉をすごくおいしく食べられるの」と熱弁。友達と来たときには鍋だけ頼むこともあるくらい、大好きなメニューなのだとか。

もう一品オススメを訪ねると、「わらじコロッケも捨てがたいけれど…」と、チョイスしたのは「炙り明太子 こだわりマヨネーズ添え」(980円)。てっきり酒のアテかと思いきや、「実はお酒は全く飲まないの。辛いものもそんなに得意ではないけれど、これはちょうどいい辛さで、マヨネーズを付けるとまろやかになるのがいい。もちろんご飯にもぴったりだよ!」とのこと。

満足げに店をあとにしたSHEILAさん。「どのお店も素敵だったでしょ?なかなか自分でお店のレパートリーが広げられない人、参考にして行ってみてね」と笑顔を見せた。(東京ウォーカー・大谷和美)