「いつもショップでたくさんお土産を買っちゃうの!」とSHEILAさん。さっそく中へ!

写真拡大

2016年4月に開館し、2018年3月28日に来場者が100万人を突破したスヌーピーミュージアム(東京都港区六本木)。2018年9月に閉館を迎える同館では、最終回となる「ともだちは、みんな、ここにいる」を開催している。

【写真を見る】エントランスホールにはレンガの壁が登場

貴重な原画約80点をはじめ、新作アニメーションや多彩なグッズで「PEANUTS(ピーナッツ)」の世界を堪能できる同施設を、スヌーピー好きで有名なSHEILA(シェイラ)さんがナビゲート!

勝手知ったる様子のSHEILAさん、「スヌーピーミュージアムは新しい展覧会が始まる度に来ているの。細部までこだわって作ってあるので、ファン心をくすぐる場所。初めてスヌーピーミュージアムに訪れたときは大興奮で、写真もたくさん撮りました!」とのこと。さっそくエントランスホールへ!

ホールに登場したのは、コミックでスヌーピーたちが悩みごとなどを語り合うレンガの壁。スヌーピーとチャーリー・ブラウンの間に立つと、「うちの息子はチャーリー・ブラウンの雰囲気にそっくりで、インスタでも息子のことをチャーリーって書いてるくらい(笑)。それで、チャーリー・ブラウンがより好きになったの」とSHEILAさん。元々は、SHEILAさんの母親が「ピーナッツ」の大ファンだったことから、生まれたときからスヌーピーや仲間たちに囲まれて育ったのだとか。

「家にはたくさんのグッズがあったけれど、「ピーナッツ」が好きなことを自覚したのは小学校2年生くらい。中学生のイトコのお姉ちゃんが、身の回りのものを「ピーナッツ」で揃えていたのを見て憧れて。それからまず、ハンカチをたくさん集めたの。お姉ちゃんと文通を始めてから、文房具やレターセットも買うようになりました」。それ以来、他のキャラクターが気になることがあっても、ずっと好きで居続けたのは「ピーナッツ」だけなんだそう。

ギャラリースペースには、2013年に開かれた「スヌーピー展」以来2度目の公開となるものなど、貴重な原画が展示されている。

子どもが生まれたときには、2人ともスヌーピーのおくるみで抱っこしたというSHEILAさん。「ベビーグッズも気が付いたら『ピーナッツ』ばかり。子どもたちも『ピーナッツ』に囲まれて育って、特に息子はスヌーピーが大好きみたい!」。

一点一点じっくりと見て回りながら、「私も最初はスヌーピーくらいしか知らなかったけど、家にあった本を読んで、いろんなキャラクターを知っていくうちに、もっともっと『ピーナッツ』にハマっていったの」と語るSHEILAさん。自分を「ピーナッツ」のキャラクターに例えるなら?という質問に、「タピオカ・プディング!いつか自分のキャラクターが商品化され世に出ると信じている女の子なんだけど、そのモチベーションが私に似てる(笑)」とのこと。

「毎回新しい展覧会を楽しみにしてきたから、閉館したら寂しくなるなぁ」。SHEILAさんにとって、「ピーナッツ」の一番の魅力は?との問いに、「個性豊かなかわいいキャラクターがたくさんいるところはもちろん、例えばルーシーの、“私は私!”っていう強いキャラも、チャーリー・ブラウンがダメダメなのも、それでもいいよ、って認めてくれるところが好き。ストレートじゃないメッセージ性があって、自分の知らなかった考え方やモノの見方とか、生きて行く上でのヒントをいっぱい教えてくれる。それをユーモアを交えて描いているから、重くならずにラフなんだよね。その世界観にホッとするのかも」。

出口付近には、スヌーピーミュージアムから来場者へのメッセージが。ちなみに、「ピーナッツ」の故郷・サンタローザにあるシュルツ美術館については、「実はシュルツさんのお奥様にもお会いしたことがあるのに、まだ現地には行ったことがないの!もう少し子どもが大きくなったら一緒に行きたい!」。

続いてミュ-ジアムショップのBROWN’S STOREへ。

最終回では、原画をカラフルにあしらったトートやマグカップのほか、アウトドアブランドKELTYとコラボした「デイパック」や、スヌーピーと仲良しの「くたくたウサギのぬいぐるみ」など、ファイナル展を記念した貴重な品々が登場している。※売り切れ中のものもあり

「子どもの頃は文房具が特に気に入っていたんだけど、それを今でも引きずってるの(笑)。学校に行く訳でもないのに、クリアファイルとか蛍光ペンとかいっぱい集めちゃう」とSHEILAさん。ショップを訪れる度にグッズをたくさん買うそうだが、「コレクターというより、使うのが好き!使いたいから買うって感じ」とにっこり。

そして、限定メニューが登場しているCafe Blanketへ。

セレクトしたのは、シュローダーの真っ赤なピアノをイメージした「シュローダーのベリーパンケーキ」(税抜1280円)と「チャーリー・ブラウンのミルクセーキ」(税抜880円)。「パンケーキの甘さとイチゴの甘酸っぱさがマッチしておいし〜!ミルクセーキも、“チャーリー・ブラウン柄”でアガるね!」。

ファイナル展を満喫したSHEILAさん。実はスヌーピー好きが高じて自身のブランド「SNOOPY Star★d'or(スヌーピースタードール)」を10年前に立ち上げ、プロデュース。きっかけは、「ピーナッツ」を翻訳している谷川俊太郎先生の45周年記念パーティーでの対談だったそう。谷川先生が驚くほどの“ピーナッツ愛”を見せたSHEILAさんに、関係者から「大人向けのジュエリーやグッズを作ってほしい」とのリクエストが。

「最初に作ったのは、スヌーピーを始めいくつかのキャラクターをヘッドにした18Kのミサンガ。それまでタピオカのグッズはなくて、どうしてもタピオカを作りたい!ってお願いして。そうしたら思った以上に人気が出て、タピオカのグッズはそこから世にたくさん出るようになったの。ある意味タピオカの夢を叶えてあげられたかも(笑)」。

「OLさんとか大人の女性がさりげなく付けられる高級感があるものにしたいなと思っています。10Kなのもそうだし、誕生石を選べるアイテムも、“本物”を使うことがこだわり。ジーニーさんが日本に来たときも、チャーリー・ブラウンの服とスヌーピーのダブルヘッドのネックレスをすごく気に入ってくれて」とSHEILAさん。

「好きなものに携わってグッズを作ることできて、それがとってもうれしい!」と熱く語ってくれた。「ファンはもちろん、スヌーピーに詳しくない人も、ミュージアムに来ればたくさんの発見があるはず!最後の展覧会、ぜひ何度でも足を運んで楽しんで!」。

(C)2016 Peanuts Worldwide LLC(東京ウォーカー・大谷和美)