永久シード選手の片山晋呉(時事通信フォト)

写真拡大

「ゲストの面倒を見るのがプロの役目だろう!」──グリーン上でそんな“叱責”が向けられた相手が日本ツアー通算31勝、賞金王に5度輝いた永久シード選手・片山晋呉(45)だったというのだから、あまりに異様な状況である。

 男子プロゴルフツアーの今季メジャー第2戦「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31日〜6月3日=茨城県・宍戸ヒルズCC)の開幕前日に行なわれたプロアマ戦で、片山が同伴競技者の招待客に「不適切行為」を働いた“事件”だ。

 プロアマ戦では、大会に出場するプロが、招待されたアマチュアのゲスト3人とチームを組んで団体戦を競う。競技は、コースの複数個所から各組が一斉にスタートするショットガン方式で始まった。ゴルフ担当記者が語る。

「片山を含む組は13番ホールからスタート。最初のホールを終え、ゲストたちが14番へ向かおうと歩き始めるなか、片山だけが13番グリーンでパットの練習を続けていた。なかなか動こうとしない片山にシビレを切らせた招待客の一人が、次のホールへ来るように促したところ、片山が“まだ前の組が詰まっているじゃないですか”と返したというのです」

 この招待客が激怒し、そのままクラブハウスに引き上げて「青木(功)会長を出せ!」と猛クレームをつける騒動になったという。この招待客とは何者だったのか。ある放送関係者が打ち明ける。

「大会のメインスポンサーである森ビルの招待客で、都内に事務所を構える会社の経営者だそうです。開催コースのメンバーで、腕に覚えのあるプロアマの常連でもありました。片山は過去にもポケットに手を入れたまま話をしたり、プロアマに練習器具を持ち込んでプレーしたこともあるという。さすがに片山の態度が腹に据えかねたのでしょう」

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長と石川遼選手会長は同日中に招待客に謝罪した。

「片山は、招待客の一人が激怒してからも、残り2人のゲストと最後までプレーしていました。後日、片山は途中でプレーをやめた招待客本人の会社を訪ねて直接謝罪もしています。冷静になった相手もこれを受け入れたようです」(同前)

 JGTOは大会終了の3日後、青木会長名で〈片山プロに対する懲戒・制裁の要否等を決定したい〉〈選手会と一体となって、早急に再発防止策を講じる〉などとする文書を発表する異例の対応を見せた。

※週刊ポスト2018年6月29日号