拒否反応で”身震い”…!?男性が遠ざかる「残念メイク」4選

写真拡大

残念メイクは、自分ではなかなか気づかないもの。
自分ではバッチリだと思っていても、彼からは「距離を置いて歩きたい」と思われているかもしれません。
今回は、男性が一緒に歩きたくないと思う残念メイクを、4つご紹介します。

(1)チークがおてもやん


『その頬どうした?病気?』(31歳/塾講)

濃いピンクやオレンジで、まん丸にチークを入れていませんか?
おてもやんのような、くっきりまん丸チークは、やりすぎ感が漂います。
ナチュラル感がなく、バカっぽく見えるので、彼ウケもイマイチ。

とくにチーク初心者さんは、チークを濃く入れがちです。
慣れないうちは、薄めに入れるなどして、濃くならないように気をつけましょう。

また、チークは自分の血色に合う色を使うことも大切です。
顔色に合わない色を使用すると、ほっぺただけが浮いて見えることもあるのでご注意ください。
化粧品カウンターで試し塗りをしてもらい、自分に合うチークを選んでくださいね。

(2)ぼさぼさ眉毛


『君の眉毛は雑草なのか?』(28歳/飲食)

整えていないぼさぼさ眉毛も、だらしなく見えます。
トレンドの太眉も、ぼさぼさだと垢抜け感がなく、やぼったく見えるのでご注意ください。

もともと太眉の人も、せめて眉毛をカットして整え、眉マスカラを塗りましょう。
きちんと感が出て、野生的な印象になりませんよ!

(3)やりすぎ囲み目メイク


『度が過ぎるんだよ!鏡見んかい!!!!』(31歳/医療系)

黒いアイラインで、バッチリ目を囲んでいませんか?
全部目を囲むと、やりすぎで怖い印象になるので気をつけましょう!

上まつ毛のキワは、全部アイライナーでうめても違和感がありませんが、下まつ毛は別。
ナチュラルなモテメイクを目指すなら、下まつ毛は塗らないか、塗っても目尻から1/3までにしましょう。
アイライナーの代わりにブラウン系のアイシャドウを使用しても、自然な印象になりますよ。

(4)人口涙袋メイク


『目の下真っ白じゃないか!なにがあった?』(27歳/営業)

涙袋を作るメイクが流行っていますが、やりすぎるとなんだか怖い印象に。
やりすぎて、目の下にくまができているように見える涙袋は、恐怖でしかありません。
「不健康な怖い人」に見えるので、男性は一緒に歩くことをためらうことも。

不自然な涙袋になるのを避けるためには、メイクを日光の下でチェックすることが大切です。
部屋の中でメイクをすると、どうしても外で見た感じとギャップが出ますよね。
友達や家族にもチェックしてもらって、メイクのさじ加減を覚えるのが一番です。

----------

男性が一緒に歩きたくない残念メイクをご紹介しました。
囲み目アイラインや、不自然涙袋など、デートのときには気をつけてくださいね。
デートのときには、やりすぎ感のないナチュラルメイクで、自然の美を強調しましょう!

(文/恋愛jp編集部)