明暗分かれても結局は

写真拡大 (全2枚)

 今月24日、とんねるず石橋貴明(56)が札幌競馬場に登場する。さぞかし大レースが、と思えば、それは遠く阪神競馬場で宝塚記念が開催される日。妻の鈴木保奈美(51)の露出が増える一方で、“ドサ回り”に身をやつしていた。

 ***

 たしかに4月から石橋の生活は激変した。ご存じの通り、「とんねるずのみなさんのおかげでした」が、前身番組「みなさんのおかげです」以来、30年の歴史に終止符を打ち、“日銭”が途絶えたのである。

 もっとも、90年代には平均視聴率が20%を超え、その利益がフジテレビの新社屋建設に化けたとまでいわれた番組だ。それが、昨年は視聴率が5%を切る週も。だからさる民放幹部は、

「とんねるずは、テレビ業界的には、もはやまったく価値がありません」

明暗分かれても結局は

 と言い切るのだ。

「彼らのギャラは1回の出演でそれぞれに300万〜500万円。いったん上がった出演料は、タレントのプライドも手伝ってあまり下がらないうえに、彼らの番組は制作費もかかる。それで視聴率もとれないなら、ギャラが半額以下のバナナマンやおぎやはぎを使ったほうがいいわけです」

 それでも、フジテレビは4月から「石橋貴明のたいむとんねる」という新番組を始めたが、放送が夜11時台なのを考慮しても、5月28日放送の2・8%は、

「あまりに低すぎます」

 と、芸能デスクは呆れる。

「しかも、『みなさんのおかげでした』は、若い視聴者を取り込めなかったから終わったのに、初回放送のゲストが工藤静香。彼女がゲストで喜ぶのは80年代を知っている人で、若い子には“キムタクを縛っているオバサン”というイメージしかない。スタッフも含めて反省を怠っているとしか思えません」

鈴木保奈美

 すでに打ち切りの噂が絶えず、ドサ回りである。札幌競馬場に尋ねると、

「宝塚記念と同日のイベントで、石橋さんに宝塚の予想をしていただいたり、競馬との関わりを語ってもらったりする予定です。知名度のあるゲストを呼んでほしいと代理店に問いかけたら“石橋さんを”という提案があり、それはいいと思いまして」

 ドサ回り営業に食いついた、というわけである。

財布は一緒

 一方、 とんねるずの相方の木梨憲武(56)は、

「映画『いぬやしき』の評判が意外といい。興行収入的にはヒットとはいえませんが、しょぼくれた親父役をうまく表現した。いかりや長介が俳優に転じて成功したのと同じ未来が見えたと評価され、石橋はなおさら焦りを募らせているようです」(先の芸能デスク)

 だが、木梨以上に調子がいいのが石橋の妻、鈴木保奈美である。昨年は日テレの連ドラやNHKの朝ドラに出演、来月も「犯罪の回送」で、テレビ東京のドラマに29年ぶりの出演を果たす。

「出演が増えているのも、需要があるからです」

 と、保奈美について民放のドラマ関係者が言う。

「元トップ女優で、母親というイメージもプラスに働き、彼女が出ていると、視聴者が“ちゃんとした作品なんだな”という印象を持ってくれる。演技もうまくて安定感があるので、ドラマ制作者は、保奈美には安心してオファーできますね。彼女にすれば、キャリアがある人だけに、石橋の稼ぎだけで食べていくのが嫌だったのだと思いますよ」

 もっとも、石橋が妻に嫉妬しているかといえば、

「保奈美を売り込んでいるのは、事務所社長である石橋ですから」(同)

 保奈美が稼ぐほど共通の財布が潤うというわけ。とはいえ、昔のとんねるずのようには稼げないから夫のドサ回りが欠かせなくて。

「週刊新潮」2018年6月14日号 掲載