出典: https://www.shutterstock.com/

本命になりたくても、なぜかいつも“セカンド女”になってしまう人いますよね。

「浮気相手」や「都合のいい女」など、呼び方は違いますが、セカンド女になる女性には、“セカンドになりやすい特徴”があるのではないでしょうか。

そこで今回は、“セカンド女”になりがちな人の共通点をご紹介。

セカンド女から抜け出したい人は、チェックしてみましょう。

 

■愛されるより愛したいタイプ

セカンド女になりがちな人は、“愛されるより愛したい”恋愛傾向があるようです。

勿論、彼に愛されたい気持ちはあるのでしょうが、それよりも、彼を思い続けている方が好きなのかもしれませんね。

一方、セカンド女になりにくい女性は、“相思相愛”を強く望むタイプのようです。

そのため、セカンド女から脱却したい女性は、相思相愛を心情として恋愛してみると、セカンド女になるのを避けられるかもしれませんよ。

 

■「セカンド女」でもいいと思っている

“セカンド女”になってしまう女性というのは、そもそも「セカンド女でもいい」と思っている場合が多いようです。

「絶対に別れたくない」という気持ちが強いためか、セカンドという立場になっても、“別れ”は考えないのかもしれませんね。

一方、セカンド女になりにくい女性は、そんなことは微塵も考えていません。セカンドになるくらいなら別れを決断できるため、常に“ファーストの座”につけるのではないでしょうか。

 

■自分が傷つくのが怖い

セカンド女になりがちな人は、“自分が傷つくのが怖い”という共通点があるようです。

恋愛で本気でぶつかり合えば、自分が傷ついてしまう恐れがありますよね。

自分の身可愛さのために本気でぶつかれないことで、男性に都合のいいように扱われてしまうのかもしれません。

誰しも傷つくのは嫌ですし、大人になれば、傷つかない絶妙な距離も分かってきます。でも、真正面からぶつかってみないと、見えてこないものもあるのではないでしょうか。

傷つきたくなさに距離を保っているのなら、彼も「あなたに都合のいいように扱われている」と感じているかもしれません。

 

別れるのが怖く、傷つくのが怖く、彼の心に触れるのが怖いかもしれませんが、“真正面から気持ちを本気でぶつける恋”なら、きっと、セカンドにはならないと思いますよ。

セカンド女になりたくない女性は、是非参考にして下さいね。

【画像】

※ shurkin_son/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】