出典: shutterstock

「好きな人のチカラになりたい。」

仕事でミスしたり、上司にひどく叱られたり。落ち込んでいる彼氏が目の前にいたら、放っておけませんよね。

でも、あまりにも酷く病んでいると、「重たいな」「面倒だな」とスルーしたくなる瞬間があるのも事実!

そこで今回は、20〜30代独身男性を対象に“LINE”に関するアンケートを実施。病んでいるときに送ってしまった痛いLINEを大暴露してもらいました。

 

■「つまらない」「返信まだ?」など落ち込み系スタンプ

「仕事でミスして落ち込んだときは、誰かに励ましてもらいたい。だから“ひまー” “つまらない”とかちょっと落ち込んだ感じのスタンプを送って“どうしたの?”って返信待ちする。」(27歳/販売)

男性だってストレスに押しつぶされそうなときは、話を聞いてほしいと思うもの。彼女からの心配LINEを期待して、「ねぇねぇ」と構ってちゃんLINEすることがあるといいます。

ちなみに病んでいるときほど“スタンプを多用する” “呟きが多くなる”男性がたくさん! あなたも彼からのSOSを見逃さないようにしてくださいね。

 

■「俺のこと嫌いになったの?」と気持ちの再確認LINE

「いつもだったら何でもないんだけど、落ち込んでいるときは彼女に既読スルーされただけで崩れ落ちてしまいそうなくらい不安になる。だから“俺のこと嫌いになったの?”とLINEしてしまったことがある。」(29歳/IT)

ちょっと既読スルーしただけなのに、「俺のこと嫌いになったの?」と気持ちの再確認をされるなんて、女性からの「仕事と私、どっちが大事なの?」に匹敵する破壊力ですよね。

でも、心細くなっている男性は何でもネガティブに受け取ってしまいがち。放置プレイの圧力に耐えられないほど病んでいます。「愛されているのね」と前向きに受け取って、カレを安心させてあげましょう。

 

■「今日〇〇があったんだけど…」とネガティブ報告LINE

「とにかく話を聞いてほしくて、長々と自分語りのLINEをして後悔したことがある。だって突然ネガティブな話を送られても困るだけでしょ?彼女にも“重たい” “私には支えられない”と言われた。」(28歳/金融)

いつもクールな男性がズラズラと長文でネガティブ報告してくるのは、間違いなく病んでいる証拠。まるで子どものように「今日こんなことがあってね……」と話を続けてくるはずです。

こんなときは、「大変だったね」「そんなことがあったんだね」とカレの気持ちに寄り添ってあげましょう。少しずついつものカレに戻ってくるはずです。

余計なアドバイスをすると、気持ちを逆なでしてしまうことがあるので気を付けてくださいね。

 

一瞬「好き」の気持ちではカバーするのが難しいかも……と返信に戸惑ってしまう病みLINE。

でも、本当の意味でカレを愛するためには、お互いに弱いところを見せ合い、支え合うことが大切です。大切な人から病んでいるLINEが届いてもすぐに見切りをつけず、まずは相手としっかり向き合うことを心がけてくださいね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Nelli Syrotynska/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】