つい応援したくなる!昭和ガンダムシリーズの恋愛関係ランキング

写真拡大 (全4枚)

放送が30年以上前にも関わらず未だ根強い人気を誇る「昭和ガンダム」シリーズ。後のシリーズの方がはるかに作品数は多いものの、話題になるのは最新作か「昭和ガンダム」シリーズが圧倒的。
題材が少年戦争ながらも多くの人間ドラマが描かれ、とりわけ葛藤を生みやすい恋愛については彼らを応援したくなったり、複雑な恋愛模様にドキドキした人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「応援したくなる昭和ガンダムの恋愛関係」をアンケート、ランキングにしてみました。
「昭和ガンダム」シリーズで一番応援されている恋愛関係とは、一体どのカップルだったのでしょうか?

1位 カミーユ・ビダン&フォウ・ムラサメ
2位 カイ・シデン&ミハル・ラトキエ
3位 シャア・アズナブル&ララァ・スン
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「カミーユ・ビダン&フォウ・ムラサメ」!


敵同士の叶わぬ思い、「カミーユ・ビダン&フォウ・ムラサメ」が堂々の1位に輝きました。
ガンダムMk-IIを駆りエースパイロットの才覚を見せ始めるカミーユ、そして彼の前に現れた規格外のモビルスーツであるサイコ・ガンダムに搭乗したフォウはホンコン・シティで激しい戦いを繰り広げますが、その後街で出会った2人はお互いがそのときの相手であることを知らずに惹かれ合っていきます。
カミーユの必死の説得により心を取り戻してカミーユを救ったフォウ、その最期はガンダムファンの涙を誘う名シーンであり、劇中でも後述のララァについてアムロとシャアが思い返すほど切ないものでした…。

2位は「カイ・シデン&ミハル・ラトキエ」!


戦う覚悟を決めさせた、「カイ・シデン&ミハル・ラトキエ」が2位を獲得しました。
ジオン側のスパイとしてホワイトベースに侵入したミハル、妹と弟を養うため仕方がなかったとはいえ思い人であるカイを裏切る行為、妹や弟と同世代の子ども達が戦場に立っていることを知りジオンを裏切ることとなるのですが、苛烈な戦闘で最期を迎えてしまい、ホワイトベースを降りようとしていたカイに新たな闘志を灯すこととなります。

3位は「シャア・アズナブル&ララァ・スン」!


ニュータイプ同士の複雑な思い、「シャア・アズナブル&ララァ・スン」が3位にランク・インしました。
孤児だったララァの才能を見抜き抜擢したシャア、そこには「戦士として使える」といった戦争に関する考えの他にも特別な思いがお互いにありましたが、そこにアムロも交えてさらに関係は複雑化、そして悲劇的な彼女の最期はシャアとアムロに消えない悔恨を残すこととなりました。

いかがでしたか?
戦争が題材ゆえに仕方がないことですが、報われない恋愛ばかりで心が痛むような関係ばかりですね…。

今回は「つい応援したくなる!昭和ガンダムシリーズの恋愛関係ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜25位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,137票
調査期間:2018年4月02日〜2018年4月16日