最近は発達障害の情報が多く提供されていることから、「我が子も?」と心配なママも多いのではないでしょうか? 発達障害の症状や、診断された場合親が注意すべき点、改善のためどんなことが出来るのでしょうか。

発達障害がありながら活躍している人も沢山います。子どもの可能性を広げるために親が出来ることは? 専門家にお話を伺った「ママテナ」の記事からまとめました。

その1●発達障害とは?

おもな発達障害は自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、発達性協調運動障害の4種類があります。それぞれの症状を詳しく解説しています。

また「発達障害かな?」と心配になった時の相談先を紹介しています。

▼続きはこちら▼

その2●「グレーゾーン」と診断された時親が注意しなくてはいけないこと

最近は「グレーゾーン」と診断されるケースも増えています。専門家に、この背景や、「グレーゾーン」と診断された時にとってしまいがちな親の行動や注意点を伺いました。発達障害であることを受け入れられず、特別支援学級ではなく、通常学級に通わせることで、問題が複雑化するケースもある、と言います。

▼続きはこちら▼

その3●発達障害改善のための方法

発達障害と診断された場合、「療育」という障害をもつ子どもが社会的に自立することを目的として行われる治療と保育があります。医師の診察後、検査などでお子さんの状態を把握し、診断が出てから、作業療法士や言語療法士などによる訓練を療育センターで受けることになります。また習い事は改善に効果があるのか、専門家に聞きました。また学校で身近な「道具」を使う事で子どもの負担が軽減する方法もあります。

▼続きはこちら▼

その4●子どもの可能性の芽を摘まないためにできること

アインシュタイン、トム・クルーズ、スティーブン・スピルバーグ、ジョン・レノン、これらの有名人の共通点は、知的には問題ありませんが、読み書きに著しい困難がある学習障害「ディスレクシア」として知られている人たちなんです。学習障害と診断された場合、子供の可能性を親はどのように育ててあげればいいのでしょうか? 専門家にお聞きしました。

▼続きはこちら▼