トータルビューティーサロンとして、ヘアやネイル、ヘッドスパ、アイラッシュ、エステといったあらゆる技術を提供するuka(ウカ)が、頭皮をいたわるヘッドスパ「Rest Spa(レストスパ)」をスタート。「炭酸パワークレンジング」など、汚れをしっかり落とす頭皮ケアが中心でしたが、「Rest Spa」は必要な油分は残しながら余分な汚れを取り去る新感覚のヘッドスパです。どんなメニューか体験してきました。

日焼けや乾燥で頭皮はダメージを受けている

訪れたのは、会社員に人気のuka丸の内KITTE店。広々とした店内には、光がたっぷり差し込んでいます。担当してくれるヘッドスパ スペシャリストの門馬さんが優しい笑顔で迎えてくれました。

「Rest Spa」をスタートした背景について聞いてみました。

日本人の頭皮は乾燥状態にあると言われています。またこの時期は、日焼けによるダメージを受けている方も多いです。そんな状態でしっかりシャンプーすると、必要な皮脂や油分を奪いさらに乾燥が進んでしまいます」(門馬さん)

頭皮を休ませてあげる必要がある。そんな想いからメニューに加わったのが「Rest Spa」です。

「Rest Spa」の特徴は、ミネラルイオン還元水を使用したALPSion※の「ジェルシャン」で、頭皮に負担をかけず保湿しながらケアすることです。さらに首や肩までほぐし、頭皮の血流を促進します。

※ALPSion…高機能ミネラル還元水「ALPSion Water」を使用したブランド。長時間かけて濾過される日本アルプスの雪解水を地下200メートルから組み上げた適度なミネラルを含む地下深層水を使用。

カウンセリングでその人の頭皮をチェック

いよいよ「Rest Spa」の体験です。 カウセリングシートで、頭皮で気になっていることや、シャンプーの頻度、施術時のリクエスト(声掛けのタイミング、力加減など)を記入します。記入した内容を確認しながら、門馬さんが手順を説明してくれます。

続いて、頭皮カメラで頭皮の状況をチェック。 私の頭皮は日焼けによる赤みがあり、乾燥しているようです。健康的な頭皮の色は青みがかっているそうですが、私は黄色。疲れているのですね。休息が必要です。ミネラル水を飲み、スパルームに移動です。

ヒーリングサウンドに包まれ至福のとき

施術チェアがあるスペースは、カーテンで半個室状態で仕切られます。横になり照明が落とされると、全ての事から開放され自分だけのリラックスタイム! ブラッシングをして、ALPSionの「ジェルシャン」が塗布されます。

まずは頭皮ケア、そして首から肩をたっぷり20分かけてほぐします

ALPSionの「ジェルシャン」は、保湿力や還元力に優れ、シャンプーとして使用すると老廃物を浮き上がらせると言われています。泡立ててゴシゴシするシャンプーとはまったく違う、泡立たない「ノープー(ノーシャンプー)」感覚です。

カチカチだった頭皮が、ほぐれていくのがわかります。ほぐしていただいた後は、お湯で優しく頭皮を流します。カウンセリングを受けたスペースに戻り、飲み物をいただきながらukaオリジナルの頭皮用美容液でトリートメント、そしてブローをしてもらいます。

髪はしっとり、そして根本が立つ

時間にして70分。ヘッドスパ スペシャリストにケアしてもらえる贅沢タイム。ブロー後の髪を触ると、しっとりしているのにハリを感じます。一番の違いは根本が立ち、全体がふっくらしたこと。

余分な汚れをとることで、根本が立ち上がります。保湿効果があるのでつややかに仕上がりましたね。ALPSionは、頭皮だけではなく顔や体につけることもできますよ」(門馬さん)

ヘッドスパは「スッキリ」「爽快」のイメージがありましたが、Rest Spaはまさに頭皮を休ませいたわってくれるヘッドスパです。だるさを感じる梅雨時期は、頭皮も心もゆるめるのがよさそうです。

メニュー名:Rest Spa(レストスパ)
所要時間:70分(シャンプー、ブロー込み)
価格:8,640円(税込)(BeautyApothecary spa by ukaのみ60分 8,640円)
実施店舗:東京ミッドタウン 六本木、丸ノ内KITTE店、BeautyApothecary spa by uka、Cu by uka二子玉川店

[uka, cu by uka]

画像提供:uka