人との関係で落ち込んだ時 心をすっきりさせるヨガポーズ

写真拡大

人間関係で落ち込んだ時もヨガが効く

あ〜あんなこと、言わなければよかった…。あの人にひどいこと言われた!など、後から考えれば大したことないのに、その時の虫の居所が悪いのか、はたまた相手に過度に期待しすぎてしまったのか、人と人との間には、うまくいかないこともありますよね。

集団意識という言葉があるように、私達は常に周りの影響を受けています。人間の性質や性格などは、実に大きく影響を受けやすいのです。

みんなと仲良く平等で平穏に過ごすのを前提として、人間関係が成り立っているのですが、人づき合い、近所や職場など多種な人間との関係に、たまにはギクシャクしてしまうこともありますよね。たまには、落ち込んだっていいのではないでしょうか?

落ち込みを自分で解消する方法

その落ち込みの負のオーラを、周りへまきちらす子どもじみた二次災害は避け、自分で自分を解決させて、明日へ持ち越さないようにする努力をしましょう。いや〜な気分にさせたあの人のセリフなんか解き放って、落ち込み気味の心を換気しましょう。

それには、胸を大きく広げる。背中や腰、腹にエイッ!と気合いが入る「弓のポーズ」がオススメです。
「腹が決まる」。「腹をくくる」。腹に力が入った人は強いのです。

「弓のポーズ」

1:うつ伏せになります。額を床に着けて無駄な力みを抜きます。
2:両手で両足の足首、もしくは足先を外側から掴みます。
3:息を吸いながら、頭と胸を上げます。
4:息を吐きながら、足全体、ヒザを上げます。
5:尾骨を引き上げると腰痛の原因になるので、尾骨は下方へ向けます。
6:お腹で体重を支えながら、胸から太ももまでストレッチ。
7:ゆっくりと10回ほど呼吸します。
8:両手、両足をほどき、うつ伏せで休息します。

がっくり肩が落ちる、意気消沈、背中が丸くなり胸が縮こまり、呼吸が浅くなる。はぁ〜とため息が出たら、後は新鮮な空気を吸うだけ!回復のタイミングがくる証拠なので、自ら新しい新鮮な空気を取り入れましょう。

ライター:安藤けいこ

呼吸法ヨガセラピー実践、指導者。ヨガ歴17年、ヨガ指導歴12年。絵描き、元JSBA公認プロスノーボーダー。南米ペルーのセラピー施設でヨガ指導担当。2014年日本帰国。神奈川県逗子市在住