ヴィーガンからゆるベジまで。
心身ともにリフレッシュ!鎌倉ランチは、ゆったり空間のカフェでヘルシー定食がおすすめ!

紫陽花が美しいいまの季節、都心からも気軽に行ける鎌倉がおすすめ。さらに身体にいいものをゆったりとした雰囲気の中で味わったら、心身共にリフレッシュもできるはず!Hanako『老舗も、新しい店も。ずっと、のこってほしい場所 鎌倉遺産。』「素材のおいしさも、空間も。鎌倉ならではのセットミール。」より、ヘルシー定食が楽しめる2軒をご紹介します。

1.〈香菜軒 寓〉/材木座

建物は基礎から自分たちで。メインは4席のみで、別棟のカフェスペースが。

練馬でオーガニック食材を取り入れた食堂を20年。2年前、舞台を鎌倉・材木座の住宅街に移して再出発した。

名物の「野菜だけ定食」は動物性の食材や化学調味料、白砂糖を一切使わないヴィーガン対応。

この日のおかずは醤油豆、わかめと新玉ねぎの春巻、おからなど。ご飯は小豆入り玄米かきび入り七分づきから選べる。1,000円。

週替わりのおかずがワンプレートに8〜10種類と盛りだくさん。汁物はポタージュか味噌汁という変化球も楽しい。潮風で乾燥させた「風干し野菜のカレー」などカレーの定食(900円〜・各税込)も。

〈香菜軒 寓〉
■神奈川県鎌倉市材木座3-1-7 
■0467-67-6327
■11:00(土日祝はカフェ8:00)〜19:00(変更の場合あり) 不定休 
■7席/禁煙

2.〈燕CAFE〉/若宮大路

祇園山ハイキングコースの入り口。縁側から庭を望む、築84年の民家をリノベーションした〈燕カフェ〉は、お腹にもたれないフードメニューが充実。

店主のイメージは「できるだけ体に優しい『ゆるベジ』スタイル」。大豆を100%使用したベジタリアン向けの唐揚げ定食や、油の吸収が少ないおからパウダーを使ったコロッケ膳(1,350円)など、カロリーも糖質も控えめ。

3月から新たに登場。カロリーはお肉の約半分でコレステロールフリー。定食は14:30(土日祝16:30)ラストオーダー。

近隣の住民のレギュラーごはんとしても定着した。

〈燕CAFE〉
■神奈川県鎌倉市小町3-2-27 
■0467-84-7025
■10:30〜17:00(土日祝〜18:00) 火、第1・3・5水休 
■18席/禁煙

Hanako『鎌倉遺産。』特集では、鎌倉のヘルシー定食を多数ご紹介しています。

(photo : Yoko Tajiri text : Hiroko Yabuki)