出典: https://www.shutterstock.com/

“ヤリマン”と“ビッチ”には、どのような違いがあるのでしょうか。同じニュアンスで使っている人もいますが、男性の言うヤリマンとビッチには、決定的な違いがあるようです。

そこで今回はヤリマンとビッチの違いをご紹介。男性目線でその違いを見ていきましょう。

 

■「ヤリマン」は経験人数や尻の軽さ

男性がヤリマンを指す場合、“経験人数の多い女性”や“尻軽な女性”をヤリマンと指すことが多いようです。

ただ、実際には経験人数や尻軽具合を確認することができないため、「経験人数が多そう」「尻軽そう」など、見た目の印象や憶測で判断することも多いみたいですね。

男性が清楚系を好むのも、派手な女性やセクシーな女性に“ヤリマン”な印象を抱くからかもしれません。

とは言え、誰彼構わず“ヤリマン”認定することはないので、少なくとも、経験人数の多さを露呈するような態度を取らなければ、ヤリマン認定はされないと思いますよ。

 

■「ビッチ」には性格の悪さが含まれる

広義では、“ビッチ”には“尻軽女”という意味が含まれるようですが、ニュアンス的には、“尻軽女”よりも“性悪女”を男性はビッチ判定するみたいです。そのため、ステータスで男性を判断するような女性や見下す女性は、男性に「ビッチ」と思われているかもしれませんよ。

“ビッチ”の意味は“メス犬”なので、本来は蔑む時に使うのでしょうが、日本では、蔑む意味合いで使うことは少ないようです。

また、同性から見て“ビッチ”な女性でも、男性的には“ビッチ”にならないこともあるので、あくまで“男性にとって気に障る女性”が、ビッチ認定される女性のようです。

 

“誰とでも寝る女性”は「ヤリマン」で、“男性的に気に障る女性”は「ビッチ」と言えるでしょう。

日本では、悪口で“ビッチ”と使うことは少ないですが、少ないからこそ、そのニュアンスは“最悪”なのかもしれませんね。

【画像】

※ Dmitry Sheremeta/Shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】