6回、中田に2ランを浴び、汗を拭う秋山

写真拡大

 「交流戦、日本ハム−阪神」(14日、札幌ドーム)

 阪神の先発、秋山拓巳投手は6回1/3を9安打8失点で降板した。

 6勝目を狙った右腕は初回に内野ゴロの間に1点を失うも、その後3イニングは無失点投球。しかし、五回に先頭の石井一の二塁打と犠打バント、犠飛で1点を許すと、六回には日本ハムの4番・中田に15号2ランを浴び、七回は1死から3連打で2点を失い、さらに一、二塁としたところで2番手、守屋と交代した。

 守屋が交代直後、4番の中田に適時二塁打を許し、2者が生還したため、秋山の失点は自身ワーストの8となった。