5月19日の挙式以来、公務ごとに注目されているメーガン妃。

そばかすが見えるほどナチュラルメイクの彼女が、いま新しいトレンドを生んでいます。

メーガン妃みたいなそばかすが欲しい女子続出

「Daily Mail」によると、アメリカではそばかすタトゥーをしたいという女性客が急増中。

そばかす施術は250ドル(約2万7500円)と、手の届く範囲。

そんな手軽さもこのトレンドを手伝っている様子。

あれ、そばかすやシミのない美白肌がベストじゃなかったの?

そんな主流をくつがえすトレンドです。

顔にタトゥー入れる勇気ある?

メイクでそばかすを作ることだってできるのに、なぜタトゥーなのか?

アメリカ人の知り合いに、眉のタトゥーを入れている60代女性がいます。

タトゥーを入れたのは10年以上も前。

「当時の顔に合わせたラインはいまの顔にはしっくりきていないし、タトゥーは色もあせてきて、後悔している」

と話していました。

同じように、自然なそばかすはともかく、そばかすタトゥーは変わる顔に合わせて変化してくれません。

いまは良くても、10年後、20年後に後悔するようになるかも...。

Kelly Kreationさん(@kellykreation)がシェアした投稿 -

「Daily Mail」によると、そばかすタトゥーは1〜3年で消えるそうなので、従来のタトゥーよりは影響が少ないとのこと。

とはいえ、記事に登場するタトゥーアーティストは、

「そばかすは半永久的なタトゥーで、しかも顔に施すものだから、よく考えて決めるべきだ」

と語っています。

日本と欧米で違うタトゥーへのスタンス

タトゥー、いわゆる刺青に関しては、欧米と日本ではかなりスタンスが違います。

アメリカでは、とくにヨガスタジオやフィットネスセンターへ行くと、タトゥーを入れている人が驚くほど多い。

一方、日本では、まだまだネガティヴな社会的イメージを持たれやすいのに加えて、温泉やプールに入れないなどの制約もあるのが現実です。

. Jenifer Alvesさん(@jeni_nutri)がシェアした投稿 -

私は、そばかすがあってキュートな女性をたくさん見てきました。

だから、人工そばかすだっておおいにアリ。

だけど個人的には、タトゥーじゃなくてメイクでもいいじゃない? とも思うのです。

[Daily Mail]

写真/Shutterstok