3回、打球を好捕するオリックスの金子千尋

写真拡大

 「交流戦、オリックス−広島」(14日、京セラドーム大阪)

 オリックス先発の金子は6回0/3を6安打2失点。リードを守った状態で交代した。

 両サイドを突く丁寧な投球で6回まで得点を許さず。悔やまれるのは5点リードで迎えた七回のマウンド。松山と新井に連続ソロ本塁打を浴びて交代を告げられた。

 打線は四回に吉田正の適時二塁打、この日1軍昇格した中島の中前適時打で2点を先制した。五回は大城が今季4号ソロ。六回には再び中島が適時二塁打を放つなど2点を追加した。