6回、2ランを放ちナインとハイタッチする日本ハム・中田翔(前)

写真拡大

 「交流戦、日本ハム−阪神」(14日、札幌ドーム)

 日本ハムの主砲・中田が15号2ランを放った。2−0の六回無死二塁で、阪神先発の秋山のカーブをフルスイングし、左スタンド中段へ運んだ。

 「うまく体が止まって振り抜けた。感触も良かったし、打った瞬間入ったと思った」。9日・DeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりの一発でリードを4点に広げた。

  初回の第1打席では1死一、三塁からの遊ゴロで1打点を稼ぎ、5試合連続打点をマーク。

 さらに七回には2点適時二塁打を放ち、この試合5打点の荒稼ぎ。ここで代走・横尾が送られ、お役御免となったが、この阪神3連戦では8打点と4番の責務をきっちりと果たした。