警察に遺産トラブル相談…歯科医が叔父に刺されたか

写真拡大

 福岡県久留米市で14日朝、歯科医院の男性院長(47)が花に水やりをしていたところ、突然、包丁を持った男に襲われた。男は包丁を手にしたまま追い掛けていたということだ。

 事件は福岡県久留米市。交通量の多い県道のすぐ脇で起きた。警察によると、刺されたのは現場近くにある歯科医院の男性院長で、花に水やりをしていたところ、後ろからいきなり腰の付近を包丁で刺されたという。男性には意識があり、命に別条はない。刺されながらも走って逃げたという男性。しかし、この2人は少しすると現場近くの歯科医院まで戻ってきたというのだ。現行犯逮捕されたのは、刺された男性のおじにあたる大阪市の三原隆昌容疑者(78)。2人は以前から遺産トラブルに関する相談を警察に寄せていたという。