出典: https://www.shutterstock.com

「運命の人と出会えた気がする……!」

いよいよ結婚に向けて動き出しそうな予感がしていたのに、今回もやっぱりハズレくじ。仕事はデキるし、ルックスも抜群の“モテ男”なのに、中身がゲスすぎて……。

そこで今回は、アラサー女性がうっかり引っかかってしまった“ゲス男”に関するエピソードをご紹介! “ゲスすぎて思わずブロックしたくなるLINE”が明らかになりましたよ。

 

■「俺の中ではいつも1番だよ」

「仕事が忙しくてなかなかデートできなかったカレ。イケメンだし、浮気しているのも知っていたけど“〇〇ちゃんがいつも1番だよ”と言われると別れられなくて……。でも、よく考えたら複数人いる女性の中で1番だってことだよね?もう男なんて信じられない!サイテー!」(28歳/CA)

ロマンチックな台詞がスラスラと出てくるのは、オンナ慣れしている証拠。「〇〇ちゃんが1番だよ」「いつも〇〇ちゃんのこと考えているよ」と恩着せがましくLINEしてくるのは、やましいことがあるからだと思って間違いありません。どんなに優しくされても、甘い言葉に惑わされてはいけませんよ。

 

■「今から会いに行ってもいい?」

「合コンで知り合った超タイプの男性がいたけど、連絡が来るのはいつも仕事終わりの時間帯で“今から会える?” “家に行ってもいい?”というような内容ばかり。予定があるから無理だと断ると、パタッと返信が来なくなって、また数日置いて同じようなお誘いLINEが来る。やっぱりゲス男ってことだよね?」(26歳/歯科衛生士)

何の前触れもなく「今から会える?」「今から行ってもいい?」「ちょっとうち来ない?」とLINEして女性を誘い出すのがゲス男の常習手口。一度でも応じてしまうと、都合のいい女にされてしまいます。悲しい想いをしたくなければ、「どうしたの?」「何かあったの?」と上手く切り返して、ビシッとお断りしましょう。

 

■「本当だったらどうする?」

「取引先で出会った爽やかイケメンといい雰囲気になったけど、イマイチ腑に落ちないところが多くて……。連絡はいつも決まった時間だし、仕事は不定期にお休みするし。気になってカレの会社の人に聞いてみたら、シングルファーザーであることが判明!慌てて問い詰めたら“それが本当だったらどうする?” “何が問題なの?”と言われて言葉を失った」(29歳/販売員)

よくできた男性だと思ったら、“既婚者だった”というパターンはよくあるもの。彼らは同じようなことを繰り返しているので、女性から問い詰められても「本当だったらどうする?」「あと〇年早く出会っていたら」「それが何なの?」とゲスLINEで言い逃れようとするのだとか。まったく乙女心を平気で踏みにじるなんて絶対に許せませんね。

 

決して他人ごとではないモテ男からのゲスLINE。彼氏だと思っていた男性が、実は“ゲス男”だったなんてケースが意外と多いんです。あなたも「おかしいかも?」と感じたら、すぐに二人の関係を見つめなおしてくださいね。

【取材協力】
※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ GaudiLab/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】