公開練習を行った皆川夏穂(左)と杉本早裕吏(右)=国立スポーツ科学センター

写真拡大

 新体操日本代表のフェアリージャパンPOLAが14日、都内で公開練習を行った。

 新メークも発表され、今季のテーマは「Confident Beauty〜自信に満ち溢れた美」。昨年の世界選手権では団体が総合を含めて3つのメダルを獲得し、個人でも皆川夏穂(20)が種目別フープで42年ぶりの銅メダルに輝くなど、“自信”をつけた妖精たち。団体は今年の世界選手権(9月10日開幕・ブルガリア、ソフィア)の団体総合では表彰台に上がれば、自力で20年東京五輪の出場枠を獲得できる。

 主将の杉本早裕吏(22)は「自分たちの力で東京五輪の枠を獲りたい」と、力を込めた。個人の皆川も「今年は個人総合のメダルと、種目別でより多くのメダルを獲ることが目標。難しい技もしっかり決めていきたい」と笑顔で意気込んだ。