甘いものを食べすぎると、彼との仲が険悪になるかも!? スイーツ好きは要注意

写真拡大

生理中は無性に甘いものを食べたくなる女子もいれば、日頃から、しょっちゅうスイーツを食べるという人もいるでしょう。

その気持ちわかります。でも、何でもそうですが過剰摂取はよくありません。砂糖も摂りすぎると、メンタルにまで影響を及ぼすことがあるらしいですよ?

今回は、医学博士・鈴木英鷹氏の論文『食事が心理面に及ぼす影響』より、砂糖の影響についてお話ししたいと思います。スイーツ好き女子はびっくりするかも?

■砂糖の摂りすぎで攻撃的になる!?


まず、砂糖をたくさん摂ると血糖値が急上昇すると言われています。まぁ、これは誰にでも予測がつきますよね?

ただこの後、体が高すぎる血糖値を急いで下げようと、膵臓(すいぞう)から大量のインスリンを分泌。その結果、血糖値が下がって低血糖が起こるのです…。
低血糖のため、体は疲れ、集中力の低下、抑うつ、不安、焦燥感などの症状が出るそう。

で、脳細胞はエネルギーとしてブドウ糖しか使えないので、低血糖は脳の機能すら低下させてしまいます。そして今度は、血糖を上げるために副腎からアドレナリンを分泌させ、肝臓を刺激してグリコーゲンをブドウ糖に変換します。

このよく聞くアドレナリン。「攻撃ホルモン」とも言われるホルモンで、感情をコントロールできない、怒りっぽくなる、我慢できない、などの症状を引き起こすとのこと。

たまに、生理前でもないのに攻撃的というか、メンヘラちっくな女子もいますよね?砂糖の過剰摂取でメンタルが乱れることもあるそうなので、砂糖の摂りすぎには気をつけたいところです。

■ビタミンB1欠乏も引きおこす!?


糖の代謝において、ビタミンB1は補酵素の役割をしているので、砂糖の摂取量が多いと、ビタミンB1不足が起こる可能性があると言います。

ビタミンB1が欠乏すると、イライラしたり、強調性がなくなったり、仕事の能率が落ちたり、忘れっぽくなったりするとか。

砂糖の大量摂取で、ここまで心身が変わってしまうなんて恐ろしいですよね…。別にスイーツが好きなら好きでいいと思うのです。無理に甘いものをやめる必要はありません。単に過剰摂取がよくないってことです。

■男子から見てメンヘラな言動とは?


というか、そもそも男子はどういう女子をメンヘラだと思うの?って話ですが、まぁ簡単です。
急にヒステリックに怒り出したり、泣き出したりと、完全に自分で自分の感情をコントロールできてない状態の女子をメンヘラだと感じるみたいです。

スイーツが好き・嫌いに関わらず、生理前や生理中って、どうしても自分の意思に反してイライラしたりふさぎ込んだりしちゃうもの。それで彼と喧嘩になったことがある女子もいるはず。

なるべく彼との関係を壊さないためにも、自分で自分の感情をコントロールできる状態にしましょう。

砂糖の過剰摂取は余計にイライラして彼との仲を悪化させてしまう可能性もあるので、スイーツ好き女子は要注意です。

■終わりに


スイーツ大好きで、日常的に甘いものを食べてる筆者からしたら、上記は驚きの研究結果でした。みなさんもそうなのでは?

とはいえ、過剰摂取がよくないだけで、砂糖自体が体に毒だということではありませんからね。そのあたりはお忘れなく!