第70回カンヌ国際映画祭、ある視点部門審査員賞を受賞、『父の秘密』(12)、『或る終焉』(15)のメキシコの気鋭ミシェル・フランコの最新作『母という名の女』(6月16日(土)より全国順次ロードショー)の本編映像が解禁となった。

この度解禁された本編映像は、本作のテーマでもある“毒親”っぷりをまざまざと見せつける母アブリルの狂気としか思えない恐ろしいシーンだ。17歳の義理の息子と孫のカレンを奪い姿をくらました母アブリルの居所をバレリアが突き止めるところから始まる。3人が乗った車に叫びながらバレリアが詰め寄るが、運転するアブリルは猛スピードで逃げ去る。アブリルはマテオのせいで居所を突き止められたと思い激怒し、捨てるようにマテオを車から追い出す。正気を失ったかのような怒り狂ったアブリルだったが、少し落ち着いた様子で今度はカレンを連れてレストランに入っていく。カレンをベビーチェアに座らせるとマテオに続き今度は泣き叫ぶカレンを置き去りにしその場を去っていく。幸せを娘から奪い取った挙句に、それを母がいとも簡単に捨てるというぞっとしてしまうシーンとなっている。

女優の遠野なぎこや小島慶子など著名人のカミングアウトや、NHKでも「毒親」を特集し、「『毒親』の子供たちへ」斎藤学著や「『毒親』の正体 ――精神科医の診察室から」水島広子著など多くの関連本が出版されるなど、昨今日本でも話題になっているが、本作はそんな“毒親”の恐ろしさを容赦なく見せつけてくる。

■『母という名の女』
2018年6月16日(土)ユーロスペースほか全国順次ロードショー
配給:彩プロ
(c) Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017

カレンを抱くマテオを見守るアブリル (c) Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017