痴漢加害者」の実像とは?(写真:tarousite / PIXTA)

「痴漢をしているときは、興奮した状態にあったと思いますけど、勃起していないことも多かったんです。だから、性欲を満たすという感じではなかったと思います。なんていうか、女性に触れていることに対して、安心感のようなものがあって……。大学で電車通学が始まってから痴漢するのが日常化して、本当にひどい痴漢を始めたのは社会人になってからです」
30年間、痴漢をし続けてきたという男性。なぜ痴漢をしていたのか、なぜやめられなかったのか。会員登録制ウェブメディア『リディラバ・ジャーナル』が3時間にわたって話を聞いた。
なお、リディラバ・ジャーナルの特集「痴漢大国ニッポン:「社会問題」として考える痴漢」は被害者、加害者、専門家など多様な当事者へのインタビューをもとに10本の記事で構成されている。本記事はその中から加害者へのインタビューを転載したものである。

小学校の頃に妹の身体を触わっていた

ーーいつ頃から痴漢をするようになったんですか。

高校生の頃、数回ですが、バスの中で女性の身体に触れたことがありました。本格的にやり始めたのは大学に入ってから。私は今58歳なんですけど、痴漢で捕まって最後に刑務所から出所したのが48歳なので、30年ぐらい痴漢をし続けていました。通学中や通勤中の電車内でほとんど毎日やっていました。


当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。なぜリディラバが、課金型メディアに挑戦するのか。どのようなメディアを読者と作り上げていこうと考えているのか。リディラバの考え方はこちらを御覧ください。

ーー痴漢のきっかけになるようなことはあったのでしょうか。

きっかけは思い出せないんですけど、女性の身体を触るということで言えば、2歳下の妹がいて、小学校の頃に妹の身体を触わっていたのが最初です。身体というか、もっぱら性器です。妹は抵抗していました。なぜそんなことをしていたのかはわかりませんが、興味本位だったんだと思います。そうした延長線上に痴漢があったのかなと。

痴漢をしていたのも、もともと女性とのコミュニケーションがあまり得意ではなく、女性と会話してお付き合いをするという流れをショートカットして触っていたんだと思います。だから性的な欲求というよりは、女性とのコミュニケーションのつもりでした。

ーー痴漢は電車内で?

はい。痴漢をやり始めた頃、たしか毎朝8時くらいにぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗っていたんですが、ドア付近にある女性がいまして。学生っぽくはなかったので20代前半くらいの社会人だったと思います。ちょっと触ってみようと思って手を伸ばしたら触れたんです。

その女性はいつもスカートだったので、少しずつスカートをめくり、下着の中に手を入れられれば、さらに指を忍ばせて……。その電車は駅間が5〜10分くらいと長かったので、ずっとそうした行為をしていました。

許してくれているのだと思っていた

ーーその女性に対しては、毎朝痴漢をしていたと。

私としては触らせてくれているんだなと思っていたんです。そのときに限らず、痴漢をしていたときは、触って嫌がらなければ許されていると思ってやっていましたから。嫌がられたらやめるんです。騒がれたら困るというのもあるけど、そもそも嫌がるのを無理やり痴漢することはしませんでした。逆に嫌がるそぶりをしない女性は許してくれているのだと思って、エスカレートしていきました。

今になって考えれば、抵抗できないのは恐怖でフリーズしてしまっていたからだとわかるんですけど。被害者が毎朝乗る車両を変えられないのも、他の時間帯に乗車時間をズラすことができないのも、痴漢にストーカー化されるともっと怖いからという話を最近聞いて、ああそうだったのかと。今は、ずいぶんひどいことをしていたんだと反省しています。

ーーそれ以外には、どのような女性に対して痴漢をしていたのでしょうか。

中学生もいたかもしれないですけど、おおよそ高校生から20代のOLぐらい。特定の女性を狙っていたとかではなくて、触れそうな状態の女性を探してという感じでした。満員電車だったり、泥酔している女性だったり、触っても気づかれなさそうな厚着のコートを着ていたり。そういう意味では、誰に痴漢するかということ以上に、痴漢できる状況かどうかが大きかったと感じます。

それと、かわいいとかきれいな女性には多くの男性が注目していますが、地味な女性だと注目されていないので、そういう人が多かったのかなと。日向よりも日陰で痴漢したほうが見つからないという判断が、自然と働いていたのかなと思います。

ーーそれだけの痴漢を繰り返していて、逮捕されることはなかったんでしょうか。

実は、何回も捕まっているんです。会社員になって最初の3年間はまったく捕まらなかったんですけど、26歳で初めて逮捕されて、それからは1年に1、2回は捕まっていたんじゃないかと思います。捕まるときは、毎回、下着の中に手を入れるような強制わいせつではなく、衣服の上から触る迷惑防止条例違反です。

一般的にはひどい痴漢のほうが捕まりやすいと思われていますが、衣服の上から触る軽微なほうが捕まりやすい。もしかすると、下着の中まで手を入れられている女性は、怖くて声を出せないというのがあるんじゃないかと思うんですが。

ーー何度も捕まるなかで、勤務先の会社やご家族との関係は……。

最初の会社では、社内で「あの人は痴漢だ」という噂が出回わり、いづらくなってしまったんです。後輩からも「先輩、今日も痴漢してきたんですか?」と言われるようになってしまって。それ以降、痴漢で捕まるたびに会社は何度も替えています。

両親は、最初に逮捕されて、身元引受人が必要になったときに、私の痴漢のことを知りました。よく痴漢をする人は複雑な家庭環境にあったと言われますが、うちはいたって普通。その日の夜中、母のすすり泣く声がずっと聞こえていました。それでも痴漢をやめることはできなかったんですが……。

往復の通勤電車の中でほとんど毎日痴漢をしていました。朝は通勤ラッシュで満員電車ですし、夜も帰宅ラッシュの時間になると満員電車になる。帰りは乗った電車でできそうなら痴漢をして、降りるべき駅で降りずにそのまま痴漢し続けていました。そしてまた戻ってくる帰りの電車でも痴漢をして……。

朝は1〜2人ですけど、夜は5〜6人とかに痴漢をしていた。終電がなくなるまで往復したこともあれば、戻りの終電に乗れず、どこかに泊まって翌朝帰ってくることもありました。それから休みの日も痴漢をするために電車に乗っていました。30年も痴漢をしてきてしまったので、被害者は3万人はくだらないかもしれません。

一生懸命謝れば帰してくれた

ーー何度も捕まったということですが、それでもやめられなかった?

そもそも逮捕以前に、ある鉄道会社で捕まると鉄道警察に身柄を引き渡されるんですが、そこでは、一生懸命謝れば帰してくれるんです。実際に、私は何回も捕まっていますけど、土下座して謝って終わるか、始末書を書いて終わるかというケースも結構ありました。

被害者の訴えがよっぽどひどいときは、身元引受人が来ないと帰せないみたいなことを言われるんですが。実際に逮捕されて刑務所に入るまでに、そうしたケースは10回以上ありました。

ーーそして実際に逮捕されても痴漢をやめるきっかけにはならなかったと。

私の場合は罰金刑が3回、刑務所には2回行って合わせると2年近く入所していました。刑務所は、最低限のルールさえ守っていれば、毎日ご飯が食べられるし、仕事もそこそこ言われたことだけやっていればいい。会社だったら一生懸命やらないといけないじゃないですか。出来が悪いと怒られたり、納期に間に合わないと徹夜したり。

刑務所にいる間は、社会の中でどうやって生きていけばいいのかなんかも考えなくて済むので、ほとんど何のストレスもなかったです。服役している期間は痴漢をやめるための時間ではなく、出所までをただひたすら待つだけの時間でした。

ーー刑務所の更生プログラムも意味がなかったのでしょうか。

私がいたのはもう10年前のことなので、今はどうなっているかはわからないのですが、当時はほとんど機能してませんでした。そもそも私は最長でも11カ月の服役で、その程度の刑期だと性犯罪のプログラムの多くが対象外でしたから。それに自分の中では、痴漢はやめようとすればいつでもやめられると思っていたんです。30年痴漢をしてきて本当に何度も捕まりましたけど、それでもコントロールできると思っていて。

ただ最後に捕まったとき、泥酔していたんですが、車両内の女性に見境なく触っていたら腕を掴まれてハッと気づいたんです。そのときに、自分が何をしていたかさっぱりわからなかった。いや、痴漢をしていたんですけど、そのときの自分は何で掴まれたのかもわからないような状態で。もう、これは駄目だなと思ったんです。


男性は斉藤章佳さん著『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)を読み込んでいた(写真:リディラバジャーナル)

ーーそれで、ようやく治療にもつながったと。

本当は最初の逮捕のときに性依存症のクリニックを紹介されて、3カ月ぐらいは毎日通っていました。ただ自分でどうにかなるだろうという気持ちもあり、「こちらは金を払っているんだから、医者なら治してみろ」という態度で、あまり治療に主体的じゃなかったんです。そうしたら、その後も何度も捕まってしまって……。

ここ10年ぐらいは痴漢をやめられている

最後の逮捕のときに、いよいよこれは本当に自分ではどうにもできないと思いました。そして治療を続けて、ここ10年ぐらいは痴漢をやめられています。やめられているというか、正確にはさまざまな工夫して痴漢をしないような状況に自分を置いているんですが。

ーーというのは?

これまでに、痴漢できるような状況のまま自分をコントロールしようとして、何度も失敗しているんです。だからもう、電車には乗らないことにしようと。そう決めてからは、移動は車かバス。それで一応、痴漢はしなくなりました。できなくなったというべきなのかもしれないですけど。治療の初期の頃は、自転車通勤にして、電車に乗るとしても満員電車を避けるなどしていたんですけど、やはり難しかった。もしかしたら、どこかに痴漢を許してくれる人がいるのかもしれないと思ってしまって……。

そうして10年が経ち、日常的に女性と接している中で、女性を見る目も変わってきました。本当に少しずつですが、「痴漢をしない自分」にも近づいているかもしれないとは思っています。

あの、たぶんこれを読んだ人の中には不快になる人もいると思うんですけど、なぜ自分は痴漢をしてしまっていたんだろうとか、どうしてやめられなかったんだろうと考えるんです。でも一人で考えていると、なかなかうまく言語化できない。だから、今回インタビューという形で話を聞いてもらうことで、自分がしてきたことと改めて向き合えればと思っています。

私は現在、精神保健福祉士の資格を取って元痴漢加害者の自分だからこそできる何かがあるのかもしれないんじゃないかと思っていて。うまく言葉にできないんですが、かつての私のように、何千とか何万もの被害を生む痴漢加害者が1人でも減れば、それだけ救われる人もいるんじゃないかと……。

取材から数日後、リディラバジャーナル編集部に元加害者男性から衝撃的な連絡があった…。その内容については、元痴漢加害者の告白「何度捕まってもやめられなかった」をお読みください。

リディラバジャーナルの関連記事

痴漢大国ニッポン:「社会問題」として考える痴漢

被害者が語る「痴漢に遭うこと」のリアル

痴漢は「謝れば済む」問題なのか