K-1 WORLD GPウエルター級王者・久保優太(C)M-1 Sports Media

写真拡大

 K-1 WORLD GPウエルター級王者の久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)が14日、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN〜第2代フェザー級王座決定トーナメント〜」(17日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)で行われる「K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント」の優勝を西京春馬と予想した。

 久保は1回戦を突破する選手を小澤海斗、村越優汰、シルビュー・ヴィテズ、西京、決勝の顔合わせを村越対西京と予想し、「村越選手が勝ち上がっても準決勝(小澤戦)でダメージを受けているだろうから、1回戦、準決勝をうまく戦って勝ち上がった西京選手がダウンをとって判定勝ちする」と、西京を本命に推した。

 なお、スーパーフェザー級王者の武尊とSバンタム級王者の武居由樹は小澤を優勝候補に挙げているが、この日は皇治(TEAM ONE)も「別に俺の階級ちゃうしどうでもエエけど」と憎まれ口をたたきながらも「この中なら優勝は海ちゃんがエエんちゃうかなー」と小澤推し。

 「全部そろってのプロやと思うから。強いだけじゃつまらん。顔も良くて華があって全てでファンを楽しませてナンボや思う。皆に見られるK−1やから不細工がチャンピオンなったらアカンよ。てな感じで海ちゃんがマシかな」と持論を展開した。

 さらに「江川(優生)君の姉ちゃんとあいのり君(大滝裕太)の彼女がカワエエみたいやから、その対戦も注目かな」と、独自の見どころも付け加えていた。