北九州市で4月にあった前川喜平・前文部科学事務次官らの講演会の司会を務めた村上聡子市議(52)=無所属=に対し、注文していない下着が着払いで送りつけられたことが14日、わかった。

 講演をきっかけに手紙で脅迫を受け、悪質な嫌がらせが続いているとして、村上市議は容疑者不詳のまま脅迫と偽計業務妨害の容疑で福岡県警八幡西署に刑事告訴する方針。

 代理人弁護士によると、同市八幡西区の事務所に今月9日、女性用下着16点(約3万円相当)が着払いで送りつけられた。事務所にいたスタッフが事情を知らずに立て替え払いしたという。

 村上市議には「死ね」「オマエの家族をのろってやる」などと赤字で書かれた封書やはがきが5月に届いていた。