『万引き家族』ポスタービジュアル (C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

写真拡大

是枝裕和監督最新作『万引き家族』が6月12日までの先行公開(6月2日、3日)を含む公開7日間で、興行収入10億円を突破したことがわかった。これは2018年公開の実写邦画の中で最速の記録となる。

カンヌ制した『万引き家族』が圧巻の首位デビュー!

本作は6月8日より全国329館、334スクリーンで公開となり、最初の週末2日間(6月9日、10日)で観客動員34万9888人、興収4億4475万9800円を記録し首位デビューをはたしていた。6月12日までの累計興行成績は、観客動員85万470名、興収10億5290万9800円となっている。公開7日間の詳細な数字は以下の通り。

【『万引き家族』興行成績】
■6月8日(金)観客動員11万755名/興行収入1億3338万5900円
■6月9日(土)観客動員16万576名/興行収入2億445万5100円
■6月10日(日)観客動員18万9312名/興行収入2億4030万4700円
■6月11日(月)観客動員13万3047名/興行収入1億5632万7300円
■6月12日(火)観客動員10万3814名//興行収入1億2460万9000円
■初日から5日間の累計:観客動員69万7537名/興行収入8億5912万2900円
■6月2日、3日の先行上映含む累計:観客動員85万470名/興行収入10億5290万9800円