シリア中部の空爆でサリンなど化学兵器使用の可能性 報告書を発表

ざっくり言うと

  • 2017年3月にシリア中部ハマ県ラタムネの2カ所が空爆を受けた
  • サリンなどが使われた可能性があると、化学兵器禁止機関が報告書を発表
  • 化学兵器使用の責任者は明記しておらず、アサド政権は否定している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング