「今は7月末に公開される劇場版『コード・ブルー』の宣伝でテレビや雑誌に出演をしている山下さんですが、3月には唯一のレギュラー番組だったラジオも終了して、メディア露出が徐々に減っている状態です」(スポーツ紙記者)

この記事のすべての写真を見る

 その人気ぶりに少し陰りが見えてきている山下智久だが、『コード・ブルー』と同じ今夏に、長らく温めていた“海外案件”がついに日の目を見ることになるという。

「一昨年から撮影に参加していた中国映画が、ついに公開となります。最終的にタイトルは『解碼遊戯』に決定したそうで、元SUPER JUNIORの韓庚さんとの共演ということもあり、現地でもたびたび撮影の様子が報じられてきました」(同・スポーツ紙記者)

 中国への進出は本人たっての希望だったようだ。

「公式サイトで現地のファンに向けて中国語で日記を綴るなど、これまでも水面下で活動を進めてきました。そのプロジェクトを取り仕切ってきたのが、元SMAPのマネージャーだったIさん。今回の映画は、彼女が退職前に残した“最後の置き土産”だとも言われています」(映画ライター)

 それだけに気合の入り方も違っていた。頻出する過激なアクションシーンも、ほぼスタントなしで臨んだ。

「爪が半分はがれてしまったり、ひじをすりむくなど、ケガの連続だったそうです。それでも“このチャンスを生かしたい”と必死に取り組んだとか」(同・映画ライター)

 '16年からたびたび海外メディアにも取り上げられてきた今回の撮影だが、ここまで公開が遅れたのには、中国の“特殊な映画事情”が関係している。

「日本と違って中国の映画は、公開の如何にかかわらず、とりあえず作品を撮り終えてしまうんです。その後、買い手を見つけるために試写会を開く。要は“競り”と同じですね。

 挙手する会社がない限り、お蔵入りになる映画も多くあるなかで、『解碼遊戯』もようやく公開が決まったということです。山下さんは前もって出演料はもらっているのですが、買い手がつくのを今か今かと待ち続けたそうですよ」(中国の映画配給会社関係者)

 その熱意が海を越えて伝わったのか、ファンからは早くも日本での公開を待ちわびる声が多く寄せられている。しかし、国内上映が絶望視されるワケがあるようで……。

「最近は出演が少なくなったとはいえ、山下さんはまだまだ人気が高い。日本で公開してもそれなりの集客を見込めるはずなのですが、これに難色を示すだろうと言われているのがジャニーズ事務所なんです。

 退社した後も『新しい地図』のマネージメントで成功を収めているIさんを上層部たちはよく思っていない。“彼女が取ってきた仕事をヒットさせるわけにはいかない”ということで、日本公開はかなり厳しいでしょうね……」(広告代理店関係者)

 作品を多くのファンに届けることが、山下のためにもなるはずだけど……。