内山さんが連れ去られた駐車場=2018年6月10日午後4時56分、浜松市中区

写真拡大

 静岡県藤枝市の山中で看護師内山茉由子さん(29)=浜松市浜北区=の遺体が見つかった死体遺棄事件で、内山さんをよく知る浜松市内の医療関係者が朝日新聞の取材に応じた。

 この関係者によると、内山さんは同市内の整形外科に看護師として勤務。「真面目で向上心があり、患者にも同僚にも分け隔てなく優しい人だった」と振り返る。

 この関係者によると、内山さんが最後に出勤したのは5月26日の午前中。この日は土曜日で午後は休診のため、内山さんも昼ごろに退勤した。この後、市内のスポーツジムを利用した内山さんは、夕方にジム駐車場で連れ去られたとみられる。

 週明けの28日朝になっても内山さんが出勤しないため、病院側が携帯電話に連絡したが、圏外だったという。これまで無断欠勤や遅刻は一度もなく、「どう考えてもおかしい」と話題になった。自宅にも電話をかけたが、家族から「土曜日から家に帰っていない」との説明があり、行方不明であることが判明したという。

 内山さんのことは「苦労して看護師になったと聞いている」という。内山さんが現在の勤務先で働き始めたのは今年に入ってからで、「口数が多い方ではない」と語る。内山さんからは「ジムに通っている」と聞いたことがあるという。

 県警は、内山さんの交友関係にトラブルなどは確認されていないとしている。関係者もトラブルは聞いたことがないとしたうえで、「彼女の責任で事件に巻き込まれたとは思えない。なぜあの子が、という怒りが消えない」と言葉を詰まらせた。

 一方、息子が中学校で内山さんと同級生だったという近所の女性は「授業参観日などに見かけたことがある。しっかりした子という印象だった。こんなことになるなんて、本当に気の毒だ」と寂しそうに語った。