高齢運転者標識

写真拡大

シニアコムは、50代から80代の男女532人を対象に「高齢者の自動車運転」に関するアンケート調査を実施、その結果を発表した。

調査結果によると、普通運転免許証の保有率は77.1%。免許証所有者のうち「返納を考えている人」は36.6%、「返納するつもりはない人」は33.4%、「わからない」は30.0%だった。「75歳以上85歳未満」の返納を考えている割合は50代男性が最も多く、「85歳以上95歳未満」の返納を考えている割合は80代男性が8割を占めた。女性は男性よりも「65歳以上75歳未満」に返納を考えている割合が多いことがわかった。

運転免許証の返納を考えている人にその理由を聞いたところ、トップは「視力が衰えて夜間運転をするのが怖いため」で48.7%、以下、「自分の運転能力に対して自信がないため」が48.0%、「とっさの判断が遅れるため」が46.0%となった。

逆に返納しない理由のトップは「買い物に行く際に車を使うから」で65.0%、以下、「遊びに行く際に車を使うから」が56.9%、「荷物の運搬に車を使うから」が45.3%、「家族の送り迎えに車を使うから」が39.4%となった。

また「自動運転車」については、「利用したい」が37.4%、「利用したくない」が30.6%、「わからない」が32.0%と、回答が割れた。利用したい理由のトップは「交通事故の減少」で79.9%、以下、「運転負荷の軽減」が64.3%、「誤発進の減少」が60.8%、「高齢者の行動範囲の拡大」が56.8%と続いた。