FIFA総会で、2026年W杯が米国、カナダ、メキシコの3カ国共催と決まり、壇上で喜ぶ関係者(左側)。中央はインファンティノ会長=13日、モスクワ

写真拡大

 【モスクワ時事】国際サッカー連盟(FIFA)は13日、モスクワで総会を開き、出場枠が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)を米国、カナダ、メキシコの米大陸3カ国で共催することを決めた。

 加盟協会が投票した結果、一騎打ちとなったアフリカのモロッコを破った。共催案は134票を獲得し、モロッコは65票だった。

 メキシコは過去に1970年と86年、米国は94年大会を実施。カナダでは初開催となる。W杯の共催は02年日韓大会以来で2度目。

 FIFA作業部会の報告書では、会場建設の必要がない共催案はインフラや宿泊施設など大半の項目が高く評価された。一方、14会場のうち9会場を新設するモロッコは計画の一部が「リスクが高い」と指摘されていた。