キッズメニューセット例/[C]Kanno Yuji

写真拡大

昨年11月、関西エリア第一号店としてOPENした「bills 大阪」が、6月8日(金)からキッズメニューの提供を開始した。メニュー構成は、メイン、デザート、ドリンク、それぞれ3種類の中から、子どもが自分自身で自由にメニューを選び組み合わせられる形式になっている。

【写真を見る】キッズメニューデザート3種。リコッタパンケーキやパブロバなどが選べる。/[C]Kanno Yuji

贅沢に和牛を使ったパテのハンバーガーや、モッツァレラチーズのサンドイッチ、メレンゲを焼いたスイーツのパブロバなど、親子で同じ料理を一緒に楽しめる仕様になっているので、何回行っても違う組み合わせで楽しめそう。

「子どもはお子様料理よりも、大人と同じものを食べたがる」というビル・グレンジャー自らの子育て経験から、大人と同じクオリティーの料理を子ども向けに小さなポーションで提供する。食材や味も通常のメニューと同様に、ビル氏のこだわりが詰まったメニューのコンセプトは“おとな気分のお子様料理”。

店舗内はベビーカーが通りやすい広い通路やキッズチェアが備えられているほか、お手洗いに設置したベビーシートやおむつ交換台、さらには食事の待ち時間を飽きさせないようにbillsオリジナルの塗り絵と色鉛筆も用意している。

この夏はファミリー利用にも優しい「bills 大阪」で家族団らんの時間を過ごしてみて!(関西ウォーカー・ウォーカープラス編集部)