パラグアイ戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた香川だが、気の緩みを警戒している【写真:Getty Images】

写真拡大

パラグアイ戦で西野体制初勝利も…脳裏をかすめるのは2014年ブラジルW杯の惨敗

 日本代表は現地時間12日、国際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収め、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けて弾みをつけた。

 1ゴール2アシストと活躍したMF香川真司だが、「4年前も……」と2014年ブラジルW杯を引き合いに出し、苦い記憶に思いを巡らせながら気を引き締めた。

 西野朗体制でついに初先発のチャンスを得た香川は、トップ下で水を得た魚のように躍動。2列目左のMF乾貴士、右のFW武藤嘉紀と好連係を披露し、乾の2ゴールをお膳立てした一方、自身も後半アディショナルタイムに華麗なドリブルから1ゴールを決めた。4ゴール中3ゴールに関与し、自らの存在価値を証明している。

 西野体制初陣となった5月30日のガーナ戦、6月8日のスイス戦と2試合続けてノーゴール、0-2完敗という負の連鎖が続いていた日本だが、W杯前ラストの一戦で初白星を手にして息を吹き返した。しかし、10番を背負う男は慎重だ。その脳裏をかすめているのは、惨敗に終わった2014年ブラジルW杯の記憶だ。

「4年前もこういう親善試合を勝ち抜いて、やれるという気持ちがあった。もう一度引き締めたい。やれる自信は必要だけど、やれていない課題は必ずある」


気の緩みを警戒…「安心してはいけない」

 アルベルト・ザッケローニ元監督に率いられた日本は、ボールを保持して主導権を握る“自分たちのサッカー”にこだわり、W杯直前のコスタリカ戦で3-1、ザンビア戦で4-3と連勝。良い形でブラジルに乗り込んだが、現実は1分2敗でグループリーグ敗退だった。

 当時を知る香川は、パラグアイ戦の勝利に浮かれることなく、冷静にチームの現状を見つめているようだ。「安心してはいけない。1試合やっただけで課題が修正できるわけではないので、もっと上乗せできるようにトレーニングしていく必要がある」と気の緩みを警戒する。

 1ゴール2アシストの香川を称賛する周囲の喧騒をよそに、日本の10番は勝って兜の緒を締めた。


(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)