世紀の会談の裏で大混乱(EPA=時事)

写真拡大

 歴史的な会談から丸1日が経った。その舞台になったシンガポールでは、テレビで映らない場所で数々の混乱が起きていた。『シンガポールで見た日本の未来理想図』を上梓した、当地に駐在するファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が、その実態をリポートする。

 * * *
 トランプ大統領と金正恩委員長の会談が行われた前日の6月11日夜、私はちょうど日本に帰国するためにシンガポールの空港に向かっていました。アメリカと北朝鮮のトップが来るのですから、当然のことながら街も空港へ向かう道路もあちこち規制ばかり。驚くほど遠回りさせられました。

 シンガポールでは、スマートフォンのアプリでタクシーを予約すると事前に料金が決まるためタクシー代が余計にかかるわけではないのですが、普段20〜30分で行けるところ、この時は40分もかかりました。一緒に空港まで来てくれた夫は、空港からの帰りのタクシーでも、20分足止めを食らったそうです。金委員長がマリーナ・ベイ・サンズを観光したからです。

 混乱はその日だけではありませんでした。確認した限り、金委員長が宿泊したセントレジスホテル周辺を中心に、3日ほど前から交通規制が始まっていました。おそらく爆発物が置かれていないかなどをチェックしていたのでしょう。

 市内のあちこちで道路が封鎖されたり車線規制されたりしたおかげで、普段のような移動ができなくなってしまいました。シンガポールでは、中流の人々以上は車移動が中心となっているからです。地元の方は閉鎖される道路の情報をフェイスブックで共有していて、SNSでは「予定をキャンセルしなくちゃ」「どこそこには行けない」といった不満の声が飛び交っていました。

 セントレジスホテル周辺には子供の習い事が集中しているのですが、我が家も友人もキャンセルせざるを得ない状況でした。我が家では数日間でバレエ、音楽、体操の習い事をキャンセルしましたが、バレエは振り替えができず、月謝で言うと5000円ほど損しました。

 会談2日前の10日夜にはウーバーイーツでピザを注文したところ、普段は30分くらいで届くのに、2時間も届きませんでした。お詫びに2000円分くらいのバウチャーをもらいましたが、もちろんピザは冷め切っていました(苦笑)。交通規制のせいもあると思いますが、多くのシンガポール国民が外出を諦めて自宅でデリバリーを注文したことも大きいのでしょう。

 いまシンガポールでは、年に1度、国中の小売り店がセールを行う「グレート・シンガポール・セール」の真っ最中です。しかし、この数日の交通規制によって行きにくいお店も多く、売り上げにも影響するのではないかと言われています。

 このようにシンガポール国民は混乱したわけですが、不満だけではなく、歴史的会談が行われたことを誇りに思う声があったことも付記しておきます。

◆はなわ・ようこ/ファイナンシャル・プランナー、CFP認定者、1級FP技能士。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行に入社。退職後、FPとして独立。現在はシンガポールに在住。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)、『毒舌うさぎ先生のがんばらない貯金レッスン』(日本文芸社)など著書や監修本多数。http://yokohanawa.com/index.html