『SHERLOCK』マーティン・フリーマン出演映画『ゴースト・ストーリーズ』、森川智之ナレーションの予告編が到着!

写真拡大

「幽霊は本当にいるのか?」――オカルト否定派の心理学者が人類史上最大の謎に挑む心理現象ホラー映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』が7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開となる。この度、本作の予告編が到着したのでご紹介しよう。

【関連記事】マーティン・フリーマン出演、心霊現象ホラー『ゴースト・ストーリーズ』予告編はこちら

公開となった予告編のナレーションを務めているのは、本作出演のマーティン・フリーマン代表作である『SHERLOCK/シャーロック』や『ホビット』シリーズでも彼の吹き替えを担当してきた声優の森川智之。

予告編は、"何か"を発見し顔を凍りつかせるマーティン演じる地方の名士・プリドルの映像に、森川の「幽霊なんて信じていなかった。あの夜までは......」という声が被さる冒頭から、真夜中に怪談を聞いているようなゾッとした感覚にさせられる。「どんな超常現象も説明可能だ」と主張するグッドマン教授(アンディ・ナイマン)が、依頼された「元精神病院」「闇夜の森」「独りぼっちの屋敷」...それぞれの空間で起きた怪奇現象の調査に着手。キッチンに佇む女性の後ろ姿、マネキン、空っぽのベビーベッド...日常の風景さえも背筋を寒くする不気味さを放っており、グッドマン教授は次第に恐怖に呑み込まれていく。森川の低音ボイスで囁きかける「いるのか? いないのか?」という問いと共に恐怖はクライマックスに達し、予告編は幕を閉じる。

森川は本作について「こういうホラーは今までのマーティンの出演作にはなかったので、この映画で彼は新境地を開拓したのだと思います。そう考えると、すごく注目すべき作品ですね。さらに、夏のホラーということで、時期的にとてもピッタリな作品が来たなと思いました」と期待を寄せる。さらに、幽霊はいると思うか? という問いには「僕は、幽霊はいると思っています。人には必ず訪れる死というものがあって、その先は誰も知らないわけですし。まだ幽霊に会ったことはないけど、会えたらぜひ話したいですね(笑)。もし幽霊を見つけたら、捕まえて、"ちょっと話を聞かせてください"って言って、コンタクトを取りたいです」と笑いを誘った。

「その秘密(ラスト)を知ってはならない」というコピーが、いっそうの興味をかきたてる『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』は7月21日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開。(海外ドラマNAVI)

【会員になって応募しよう】『24 -TWENTY FOUR-』ジャック・バウアー コンプリートDVDボックスが当たる!ご応募はこちらから