最新版「社会人が転職したい会社」トップ10

写真拡大 (全8枚)


社会人が選んだ「転職人気企業ランキング」で2年連続1位となったトヨタ自動車。昨年開かれた東京モーターショーでも未来を想像させるコンセプトカーを披露していた (撮影:尾形文繁)

社会人が「次に行きたい会社」はどこか――。

就活生の多くは社会で働いた経験がないために、志望企業の選び方でも、人気企業や自分の知っている企業ばかりになりがちだ。しかし、社会人になると、各社の企業規模や業界内の地位、社風などがわかるようになり、「あの会社に入っておけば」「今ならあの会社に転職できるだろう」と考える人も出てくる。


ではそんな彼らが「転職したい」と思っている会社はどこか? 6月4日にパーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA」が「転職人気企業ランキング2018」を発表した。このランキングを紹介するとともに、新卒の就活生の人気ランキングとの違いを見ていきたい。きっと大学生ではわからない”気づき”が見つかるはずだ。

調査は22~59歳までの正社員約6000人が2月に回答した結果で、転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。投票は持ち点10ポイントから、企業の志望度合いについて、自由にポイントを振り分ける方式だ。そのうち上位300社を紹介していく。参考までに前回(2017年)の順位も掲載。「-」は前回300位に届かなかったことを表す。また30位まではポイントも記載している。

1位トヨタ自動車、2位グーグル

1位は昨年に引き続き、トヨタ自動車が入った。直近の連結売上高は29.3兆円、純利益だけで2.4兆円にも達する、日本一の規模を誇る企業。選定理由にも「世界のトヨタだから」「日本を代表する企業」といった声が上がる。社会人として仕事をしていく中で、トヨタの存在の大きさを再認識し、「転職したい」と思う会社の筆頭に上がってくるのだろう。

2位はグーグル。説明するまでもないが、検索エンジンをはじめ、ITサービスを展開するグローバル企業である。選定理由には、「最先端」のほか「自由」や「楽しい」といったワードが多く見られ、ビジネスモデルに加えて、社風にあこがれる社会人が多いようだ。

ポイントではこの両社が4000ポイントを超え、一歩抜き出た状態となっている。

3位は大手電機メーカーのソニーがランクインした。4月20日に配信した就活生を対象にした就職人気ランキング、「学生2万人が選ぶ『就職人気ランキング』300社」では、ソニーは69位にとどまっているが、昨年に引き続きトップ3に位置している。ちなみに同ランキングでは、トヨタは74位にランクインされている。

社会人の転職ランキングでは、メーカー企業が上位に入る傾向が強い。実際、6位にパナソニック、11位に本田技研工業(Honda)、15位に任天堂と、上位に顔を出している。

一方、学生の就活人気ランキングで上位に入るエアライン業界も、4位に全日本空輸(ANA)、9位に日本航空(JAL)と、こちらでもトップ10を維持している。同じく人気が高い総合商社も、三菱商事が17位、伊藤忠商事が20位と健闘している。

メーカーやIT系企業が上位に入る

ただ、かつて学生に人気があった金融系企業は、ここでは鳴りを潜める。金融系は46位の三菱UFJ銀行が最高で、みずほ銀行が66位、三井住友銀行が75位にとどまっている。興味深いのは前年よりランキングを上げているという点。業務効率化による人員削減などが叫ばれて敬遠されていると思いきや、「銀行でキャリアを積むことのメリット」を改めて考る人が増えているのかもしれない。

上位に入るのはメーカー系だけでなく、通信を含めたITに関連する企業も社会人には根強い人気だ。5位には楽天、7位にソフトバンク、8位Apple Japan、10位ヤフーなど、2位グーグルを含めてトップ10の半数を占めている。トップ10以外にも14位にアマゾン ジャパンがランクインしており、企業規模やグローバル性もさることながら、業界の成長性も考慮して投票していると思われる。

給料などの待遇を評価している傾向もある。30位のキーエンスは平均年収が1800万円を超える好待遇企業だ。ただ、同社はFA(ファクトリーオートメーション)で使われるセンサーや計測機器の有力企業で、利益性や成長力も評価しているのかもしれない。

業界では、12位の東日本旅客鉄道(JR東日本)を筆頭に、31位東海旅客鉄道(JR東海)など、鉄道業界の上位へのランクインが目立つ。また、116位阪神タイガース、150位読売巨人軍など、プロ野球球団が大きくジャンプアップしており、「あこがれの企業に行きたい」と夢を持っている人も少なくないようだ。

なお、属性別では、男性の1位はトヨタ自動車、女性の1位はグーグルという結果になっている。

これから大学3年生はインターンシップ説明会などが始まり、企業研究を進めていく段階に入ると思うが、社会人が選ぶ「転職したい会社」も参考にするとよいだろう。







調査概要
【対象者】 22〜59歳のホワイトカラー系職種の男女
【雇用形態】正社員
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2018年2月14日〜2月19日
【調査方法】投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、それぞれの企業への志望度合に応じて、自由にポイントを振り分ける(ランキングは、振り分けられたポイントの合算値が多い順に作成)。
【回答人数】5975人