奈良の夏の風物詩「なら燈花会」春日大社や東大寺を1万本超のろうそくの灯りが包み込む

写真拡大

奈良の夏の風物詩「なら燈花会」が、春日野園地や浮雲園地をはじめ、東大寺など奈良の各エリアで2018年8月5日(日)から14日(火)まで開催される。

「なら燈花会」は、1300年前に都として栄えた奈良の地に集う人々の祈りを、ろうそくの灯りをともすことで幻想的に照らし出す、1990年に誕生したイベント。“燈花”とは灯心の先にできる花の形のかたまりを指し示し、期間中、灯りをともすろうそくは1万を超え、神秘的で優しい光が奈良を包み込む。

浮見堂では、鷺池を縁取るようにろうそくの灯りがともり、水面に映し出された光とともに、色鮮やかで情緒に満ちた風景を楽しめる。興福寺では、北参道にろうそくが並べられ、凛とした空気の中で灯りが漂う。参道の先に浮かび上がる、東金堂や五重塔の厳かな雰囲気もより一層引き立てられる。

【詳細】
なら燈花会
会期:2018年8月5日(日)〜8月14日(火)
場所:奈良各エリア(春日野園地、浮雲園地、浅茅ヶ原、浮見堂、猿沢池・五十二段、甍 -Iraka-、興福寺、奈良国立博物館前、東大寺、春日大社)
※東大寺は8月13日(月)、14日(火)のみの点灯、春日大社は8月14日(火)のみの点灯。


[写真付きで読む]奈良の夏の風物詩「なら燈花会」春日大社や東大寺を1万本超のろうそくの灯りが包み込む

外部サイト

  • ザ・ノース・フェイス×ビームスのアウトドアイベントが長野で - 各種アクティビティ&Yogeeライブ
  • 東京ディズニーリゾート夏イベント - ディズニー夏祭り&パイレーツ・サマー、新ナイトショー
  • 京都水族館の夏イベント「なつとほたるとすいぞくかん」限定開催、ホタルを間近で見れる特別展示など