池袋・プラネタリウム“満天”、未来型花火ショー「STAR ISLAND」の特別プログラムを限定上映

写真拡大

コニカミノルタプラネタリウム“満天”の新プログラム「STAR ISLAND IN PLANETARIUM」が、2018年7月6日(金)から16日(祝・月)までの期間限定で上映される。

2018年5月に東京・お台場で開催された未来型花火ショー「STAR ISLAND 2018」の映像を、プラネタリウムのドーム空間演出に融合。絶景のロケーションで繰り広げられる花火と、最先端テクノロジーの3Dサウンドやライティング、ショーパフォーマンスを新たなエンターテイメントとして昇華させた一夜限りの花火イベントが、プラネタリウム“満天”でも楽しめる。

投影される映像は、劇場映画や、アニメーション、CGなどの映像制作を手掛ける「ROBOT」が8K/4K・360度カメラなどの最新撮影技術を駆使して撮影・編集。「STAR ISLAND 2018」ならではの大迫力の映像とサウンドを、イベント会場にいるような高臨場感で体感出来るという。

2018年6月30日(土)にはリニューアルオープンを迎えるコニカミノルタプラネタリウム“満天”。この機会に、6台構成のレーザープロジェクターで全天ドームスクリーンに映し出される、臨場感ある鮮やかな映像を体験してみてはいかがだろう。

【開催概要】
「STAR ISLAND IN PLANETARIUM」
上映期間:2018年7月6日(金)〜7月16日(祝・月)
上映時間:約45分(予定) 21:00の回にて特別上映
場所:コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City
チケット料金:一般シート 1500円、芝シート 3500円、雲シート 3800円
※芝/雲シートは1枚のチケットで大人2名分の鑑賞料金を含む。
チケット発売日:2018年6月12日(火) 11:00よりローソンチケットにて発売


[写真付きで読む]池袋・プラネタリウム“満天”、未来型花火ショー「STAR ISLAND」の特別プログラムを限定上映

外部サイト

  • 「葛飾区郷土と天文の博物館 プラネタリウム」リニューアル - リアルな星空を再現、参加型プログラムも
  • 「ECO EDO 日本橋 2018」デジタル花火や金魚スイーツ、五感で楽しむ“江戸の涼”
  • 東京スカイツリータウンのプラネタリウム“天空”、世界各地の絶景を映し出した新作「星の旅」を上映