高校3年生CEOが率いるワンファイナンシャル、レシートを現金化するアプリ「ONE」スタート

写真拡大 (全2枚)

 高校3年生のCEOが率いるワンファイナンシャルは、財布に溜まっているレシートを現金に変えるアプリ「ONE」を公開した。

 「ONE」はどんなレシートも1枚10円にかわるサービス。レシートを写真に撮るだけで瞬時にアプリ内ウォレットに10円が振り込まれるしくみだ。好きなタイミングで出金することが可能で、出金先は国内ほぼすべての金融機関に対応している。

 ワンファイナンシャルCEOの山内奏人氏は2001年生まれの高校3年生。6歳のときに父親からパソコンをもらい、10歳から独学でプログラミングを始め、2012年には「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」の15歳以下の部で最優秀賞を受賞。2016年にはウォルト株式会社(現ワンファイナンシャル株式会社)を創業。個人間決済サービス「ONEPAY」などを手掛ける。

山内奏人氏はmForbesが発表した「Forbes 30 Under 30 Asia」の
「FINANCE & VENTURE CAPITAL」と「YOUNGEST」の2部門で選出された

 山内氏は、今年3月Forbesが発表した「Forbes 30 Under 30 Asia」の「FINANCE & VENTURE CAPITAL」と「YOUNGEST」の2部門で選出された。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
2017年のフィンテック投資額は過去最高の274億ドルに【アクセンチュア調査】
マネーフォワード、自動貯金アプリ「しらたま」Android版をリリース
「dポイント」によるポイント投資サービスの利用者が10万人を突破