どうってことはない、けれども地味にストレスがたまる……。あなたの周りにそんな存在のものはありませんか? ささやかではあるものの、起こるたびにイラッとしたり、「もう!」とキレてしまうもの。ここではそんな地味にイラッとする日常あるあるについて聞いてみました。

ラップがうまくとれないとき

「お皿にラップをかけようとして、ラップがくっついちゃってうまくとれないとき。しょっちゅうなるけど地味にストレス!」(30代/主婦)

▽ 電子レンジで温めるときや、料理を冷蔵庫に保存するときなど、ラップをかけることも多いもの。そんなとき、ラップがくっついてはがれなくなってしまうことにストレスを感じる人も少なくありません。何度も失敗してラップをするのを諦める人も。ストレスをためずにすむラップがほしいですね。

裸足でフローリングを歩いて足の裏にゴミがつくとき

「夏に裸足でリビングを歩いていて、足の裏にゴミがくっついたとき。掃除していないのは自分のせいだとわかりつつも、『なんでこんなところにゴミがあるの!』とイライラする(笑)」(20代/IT)

▽ 掃除を怠っていると、足の裏にゴミがついてしまうもの。とはいえ、裸足で歩いていたときに足の裏にゴミがつく不快感といったらないですよね。埃や猫の餌、野菜のかけらなどさまざまです。掃除しなきゃと思う瞬間ですね。

トイレットペーパーが少ししか残っていなかったとき

「トイレですっきりしてペーパーをとったらほんの数センチしか残っていなかったとき。『これじゃあ足りないよ!』ってイラッとする。トイレットペーパーの補充をするのはいつも私の気がするんだけど……」(20代/学生)

▽ 地味にストレスをためるものナンバーワンだったのが、トイレットペーパーが少ししか残っていないときでした。トイレットペーパーが少ししかないと、気持ちよくトイレを終えることができないもの。また、トイレットペーパーを補充するのがいつも自分の役割だと感じる人も多そうです。

お昼寝中にインターホンがなったとき

「気持ちよくお昼寝をしているときに、インターホンがなるとイラッとする。そういうときに限って、どうでもいいような勧誘だったりするから本当に迷惑」(30代/主婦)

▽ 安眠を妨害されると不快な気持ちになる人もいます。気持ちよく惰眠をむさぼっているときに、インターホンがなるとイライラすることもありますよね。なかには居留守をつかってしまうという人もいました。

出かける直前になって物が見つからないとき

「準備をしてさあ出かけようっていうタイミングで鍵とかスマホとかが見つからずにイライラ……。なんでこのタイミングなんだろうといつも思う」(20代/販売)

▽ でかける直前になって物が見つからないのはなぜなのでしょう。約束の時間まであまり残されていないのにとイライラしてしまうことも。焦っていると余計に物が見つからないこともあるあるです。

シャンプーをうまく詰め替えられないとき

「詰め替え用のソープをボトルに入れるときに、いつもボトルからこぼれちゃう。不器用だから上手に入れられなくてイライラ……」(20代/学生)

▽ 上手にシャンプーの詰め替えができずにイライラする人も。そもそも詰め替えること自体が面倒なのに、こぼれてしまったりするとイライラはマックスに。ささいなことですが、地味にストレスがたまるもののようです。