「なかなか同性の友達ができなくて悩んでいる」そんな女性はいませんか?「歳をとると友達ができにくい」とは言いますが、それでも新しいコミュニティができたり、学生時代の友達といつまでも仲良くしている人っていますよね。
そこで今回は「同性の友達が多い女性の特徴」についてご紹介します。

1. 切り返しが絶妙

・ 「同性同士で『かわいい』って言うと、『そんなことないよ〜!』ってなりがちだと思うんだけれど、その子は『え〜! ありがとう! かわいい子に言われるのが一番うれしいんだけど!』と相手を褒めつつ、否定もしない絶妙な返しをしていた」(20代/販売)

▽ やはりコミュニケーションって大事ですよね。特に女性ではありがちなお世辞や、相手を探った会話に、どう対応できるかが重要になってきます。ただ否定をするだけじゃなく、相手もうれしくなれるような返答ができると良さそうですね。

2. 空気が読める

・ 「もし友達が距離を置いてきたら、理由も聞かずにそっとしておいてあげられる子のほうが、意外と友達が多い気がする」(30代/営業)

▽ ヤジウマ精神で「どうしたの!?」「話聞いてあげるよ!」と近づくのではなく、相手を思いやれる女性のほうが同性からも信頼されます。そのときはお互いに距離ができてしまったとしても、また仲良くなれる日が来るでしょう。

3. 相手を利用しない

・ 「陰で『自分よりかわいくない○○ちゃんを合コンに連れていく』とか言っている子、たまに見かける。そうやって人を利用する子とは、みんな距離を置いていますよ」(30代/接客)

・ 「かわいく写りたいからといって一歩下がる子より、楽しそうに写真を撮る子のほうが断然良い。一緒にいて盛り上がれます」(20代/アパレル)

▽ 自分では隠しているつもりでも、友達を利用しようとする魂胆って透けて見えるもの。その計算高い姿に、周りも敬遠してしまいます。その一方で純粋に友達を大切にしている女性には、自然と人も集まってくるもの。結果「あの子って人徳があるよな〜」と思ってもらえるのです。

4. グチに適度に対応できる

・ 「割と友達が多い子にグチを聞いてもらったんだけれど、親身になって話を聞いてくれた。その上で『私も学生時代似たようなことがあって……』と話してくれて、少しだけ元気をもらえました」(20代/サービス業)

▽ グチを言う人って、「とりあえず話を聞いてほしい」「味方になってもらいたい」という気持ちが強いもの。それなのに「そんなこと言ったらダメだよ!」と否定してしまうと、勝手に「私よりあの子の味方をするんだ……」と決めつけがちに。結果、今度は自分たちの関係がギクシャクしてしまうこともあります。
グチは否定も肯定もせず、軽く聞き流す程度がベスト。「そうだったんだね」となだめつつ、相手の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。