世界最大級の巻貝アラフラオオニシ/写真は主催者提供

写真拡大

三重県津市の三重県総合博物館で「第19回企画展『知ってる貝!見てみる貝!貝のヒミツ』」が6月17日(日)まで開催されている。三重県といえば、真珠やアワビ、カキ、ハマグリなどで全国有数の生産地だ。

【写真を見る】貝の標本・漁具などを展示している/写真は主催者提供

同展では、日々の暮らしの中にある“貝”にスポットをあて、貝の多様性、人との関わり、背景となる貝の姿や生態などに迫り、様々な観点から貝の世界を紹介する。

期間中は貝にまつわるワークショップ、ギャラリートーク、工作体験など多彩な催しを実施し、楽しみながら貝について学ぶことができる。

担当者は「知っているようで実はみんな知らない貝のヒミツ、知りたくありませんか?展覧会を観れば、いまよりきっと貝を身近に感じられるはず。6月17日まで残りわずかですので、ぜひお見逃しなく!」と話す。

真珠の産地として有名な三重県で、貝のヒミツを解き明かそう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)