出典: https://www.shutterstock.com

好きな人に間違ってLINEを送っちゃった……なんて経験、ありませんか。好きな彼には、思わず慎重になりながらLINEを送っている女性も多いはず。片思いである場合や、付き合ったばかりの関係なら、なおさらですよね。

「あんな風に送らなきゃよかった……」「もっとこうやって送っておけば……」と、後悔したことのある人もいるのでは。今回はそんな、「やってしまった」好きな彼に誤爆したLINEエピソードを集めてみましたので、ご紹介します。

 

■友達へのノロケ話が…

「友達と彼の話で盛り上がっていたとき、ちょうど彼からLINEがきて。それに気づかないで、誤爆しちゃったことがあります。ノロケ話だったらよかったんだけど、愚痴も混ざっていたので、デートで会ったとき、ちょっと気まずい雰囲気になっちゃいました。」(28歳/女性/販売)

彼氏ができると、つい嬉しくなって友達に報告したり、彼のことで不満や心配事があったりすれば、愚痴をこぼすこともあるでしょう。それがLINEの誤爆で彼に知られてしまうのは、彼もさぞやビックリしたはず。

でも、付き合っていくなかで、お互いが相手の気持ちを知るのはとても大事なことです。彼への不満や心配事も、直接言わないとわからないこともあるはず。誤爆がなくとも、お互いに相手に対して気になることがあれば、話ができるといいかもしれませんね。

 

■引かれちゃったよね…?

「スタンプの打ち間違いかな。仲の良い友達同士とか、付き合って長い関係なら許される、癖のあるスタンプってないですか?片思いの彼にそれを送っちゃって、戸惑った返事がきたときは、やっちゃったなって。」(28歳/女性/サービス)

大好きなマンガや芸能人のスタンプだったり、ちょっと人を選んだりするスタンプってあるのでは。万人に使えそうなスタンプならいいのですが。

まだ距離が縮まっていない相手に、趣味や好みの別れそうなスタンプを送ってしまうと、たしかに相手はビックリしてしまいそう。

でも、それが相手と話をするきっかけになるかもしれませんし、誤爆しても焦らないで。相手もあなたの思わぬ一面を見られて、嬉しいと感じているかも?

ぜひ前向きに、好きな人とのやり取りを楽しみましょう。

 

■アプローチの失敗

「彼あてに送るはずだったメッセージを、彼がいるグループあてにデートの誘いをしたことが。まだLINEグループの操作に慣れていないときかな。みんなから“えっ?”って反応をされるし、彼も反応が薄くて、スマホ越しにヘンな汗かきました。」(28歳/女性/IT)

両想い感が薄い彼に、アプローチが過ぎてしまうと、好意がバレてしまい、避けられてしまうことってありそう。片思いの辛いところですが、ぜひプラスに考えてみて。好きな人を振り向かせるには、まず相手との関わりを持つことが大事です。

あまり好きアピールをし過ぎず、彼が好きなもの、ハマっているものの話をしてみて。自分も興味のあることなら共有しながら、好きな人と話を楽しんでみては。友達としての距離感にヤキモキすることもあるかもしれませんが、そうした積み重ねが相手を振り向かせることにつながるはず。

 

誤爆をしてしまったときは、仕方ないので好きな人との関係を築く“いいきっかけ”にしてみて。ささいな誤爆は許容範囲として、ポジティブに好きな人との恋を楽しみましょう。

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】