画像は特別展「京のかたな」公式サイトより(c) 2018 NHKプラネット近畿

写真拡大 (全2枚)

京都国立博物館は、国宝や重要文化財の刀剣を多数展示する「特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ」を9月29日から11月25日まで開催する。

「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」は京都国立博物館120年の歴史で初となる刀剣特別展。現存する山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼ全てと著名刀工の代表作を中心に展示し、山城鍛冶の技術系譜と刀剣文化に与えた影響を探る。また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが果たした役割に迫るものとなっている。

今回の特別展では、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」ともコラボ。ゲームに登場する刀剣男士のモチーフとなった刀剣が20振り以上を展示する。また、開催に先立ち6月29日10時からは、刀剣男士とのコラボチケットを展覧会公式サイトなどで販売する。デザインは三日月宗近とへし切長谷部の2種で、価格は税別2,600円。このほかのコラボ内容は後日発表となる。

<コラボ刀剣男士一覧>

三日月宗近、石切丸、鳴狐、後藤藤四郎、骨喰藤四郎、秋田藤四郎、前田藤四郎、博多藤四郎、信濃藤四郎、鯰尾藤四郎、五虎退、毛利藤四郎、明石国行、謙信景光、次郎太刀、同田貫正国、へし切長谷部、千子村正、歌仙兼定、陸奥守吉行、膝丸、宗三左文字