女性の2人にひとりは持っているといわれる、デリケートゾーンのかゆみ。前回、ムレやスレなどの刺激が原因のかゆみの対策についてお話ししました。さて、市販のかゆみ止めで改善するならいいのですが、改善しない場合、別の病気を疑ってみなければなりません。

女性のかゆみ原因にカンジダ菌

かゆみの原因で多いのはカンジダ菌、カビの一種です。これが原因の炎症を「カンジダ膣炎」「膣カンジダ症」と呼ばれます。

カンジダ菌はめずらしい菌ではありません。だれの膣内にもいる常在菌のひとつです。膣内にはこのほかいろんな菌が棲み分けて菌バランスを取っているのですが、それが何らかの原因でくずれると、カンジダ菌が悪さをすることがあるわけです。小腸の中と同じです。いろんな菌が、それぞれの働きをしているのですが、そのバランスがくずれると不調が生じます。よく善玉菌とか悪玉菌とかいわれますが、どの菌にもそれぞれ人体に必要だからこそ棲んでいるのであって、菌そのものに善も悪もありません。カンジダ菌も悪玉菌というわけではなく、ただ膣内の菌バランスがくずれたときに炎症を起こす原因になるということです。それはつまり体調をくずしていることを意味しています。

カンジタ膣炎の見分け方としては、白いおりものが増えること。個人差はありますが、発酵したようなニオイが強いのも特徴です。よく聞くのは「白くポロポロして、カッテージチーズのようなニオイ」というものです。「酒かす」に似ているともいいます。

この場合、市販のかゆみ止めは(デリケートゾーン用であっても)効果がありません。むしろ殺菌効果により他の常在菌を除去してしまうので、カンジタ菌を増殖させるおそれがあります。カンジダ菌用の市販薬も販売されていますが、この場合は、すみやかに婦人科を受診したほうがいいでしょう。

婦人科を受診するべきカビ、ウイルス感染

カンジダ菌はもともと体の中にいる常在菌ですが、外から感染する菌によるかゆみもあります。多いのは「トリコモナス膣炎」です。トリコモナス虫という微生物によるもので、主に性交渉によって感染します。この場合、デリケートゾーンに強いかゆみが生じたり、おりもののニオイがきつくなったりすることもありますが、中には自覚症状がない人もいるようです。

ヒトパピローマウイルス(HPV)による炎症もあります。HPVは子宮頸がんの原因になるということでみなさんもご存知かと思いますが、ごくありふれたウイルスのひとつで、感染自体もそれほどめずらしいことではありません。これも体力が落ちていたり、免疫力が下がっていたりするときに感染しやすく、症状が悪化したりするのです。

そのひとつが「尖圭コンジローマ」という感染症です。数か月の潜伏期間を経て、デリケートゾーンおよびその周辺にイボができます。かゆみや痛みなどの自覚症状には個人差がありますが、イボを発見したら婦人科を受診しましょう。性感染がほとんどですから、他の人にウイルスを広めないためにも治療が必要です。

デリケートゾーンは体調変化のバロメータ

こうしたカビやウイルス感染によるものは、かゆみや痛みなどの自覚症状を伴わない場合もあり、知らないうちにかかり、知らないうちに治っている----というパターンも実際には少なくないものと思います。それほど神経質になる必要はありませんが、デリケートゾーンの変化はまさにデリケートであり、体の変調を伝えるサインであると言えます。

カンジダ菌やヒトパピローマウイルスの感染は、健康な状態であれば特に問題を起こしません。それが炎症として現れるのは、体調、ホルモンバランス、膣内の菌バランスがくずれていることに他なりません。

食事の栄養バランスのくずれ、睡眠不足や運動不足。飲み過ぎ食べ過ぎはしていないか、過度なダイエットをしていないか。体を冷やす服装をしていないか。冷たいものばかり飲んでいないか。生理中の習慣も見直してみましょう。肌に刺激のないナプキンを選ぶ、なるべくひんぱんに変える、タンポンは極力使わない、などなど。

そうして生活習慣を見直し、正常に近づけていくことが、デリケートゾーンのかゆみ、炎症を抑える根本的な治療になるでしょう。

大事なデリケートゾーン。異常が続く場合はがまんしないで婦人科へ。



■賢人のまとめ
デリケートゾーンのかゆみが、市販のかゆみ止めで改善が見られない場合は、カンジダ菌、ウイルス感染などが考えられるのですみやかに婦人科を受診しましょう。菌やウイルスによる症状悪化は体調がくずれていることの証。デリケートゾーンは体調のバロメータ。生活習慣から見直していくことが大切です。

■プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。