水着の季節はすぐそこ。

夏本番までに理想の体を手に入れたいなら、短期集中型のエクササイズやトレーニングにトライ。

おなかをへこませて、下半身を細くして、筋肉をつける。この3つが叶えられれば、納得のいく体になれるはずです。

おなかに続き、今回は下半身を引き締める集中エクササイズを紹介します。

お尻も、太もももまとめてすっきり。短期間で引き締めたい

短期間で下半身を引き締めるには、脂肪を燃焼させるために集中的に運動することが重要です。

お尻、太ももの内側、前側、うしろ側など、下半身はあちこちに脂肪がつきやすいもの。

それぞれのパーツを意識しながらまとめてトレーニングすることで、短期間で全体的に引き締めることができます。

水着が似合うお尻ほしい。空手キックでキュッと引き締める

ひざを高く持ち上げて、思いっきり空手キック! ストレス発散しながら、楽しく太ももとお尻を引き締められます。

>>記事を読む

裏太ももほっそり。「おはようございます!」とお辞儀するようにエクササイズ

前を見ながら、お尻をつき出すようにお辞儀するだけ。たるんだ裏太ももを引き締めてくれるエクササイズです。現役プロレスラーも体づくりに取り入れているのだそう!

>>記事を読む

ぽってり太ももは、踏みこんでシュッとさせる

両手を腰にあて、ひざを曲げてしっかり踏み込んでおこなうエクササイズ。左右10回ずつおこなえば、たるんだ太ももにじわじわ効いてくるはず。

>>記事を読む

肛門キュッ。通勤時間の「膣トレ」でほっそり足を手に入れる

通勤時間は「ながらトレーニング」で効率よく足やせ。肛門をキュッとしめる膣トレが美脚づくりに役立ちます。

>>記事を読む

部分やせした〜い! お腹と太ももを足踏みエクササイズですっきり

おなじみの踏み台昇降運動も、太ももに力を入れながらおこなうと下半身やせにつながります。テレビを見ながらでもできる、かんたんさがうれしい。

>>記事を読む

ワイドスクワットだった。太ももの内側を引き締めてくれるのは

「両足を大きく開いて、ゆっくりしゃがむ」をたった10回おこなうだけ。太ももの内側が鍛えられる、引き締めに効果大なスクワットです。

>>記事を読む

それぞれのエクササイズごとに、「まずは太ももの内側」「次はお尻…」と鍛える部分をしっかり意識しながらおこなうのがポイント。

毎日エクササイズをおこなう時間を決めると続けやすくなります。

夏までに集中して取り組めば、たるんだ下半身も夏本番までにばっちり引き締められるはず。

写真/Shutterstock