日本人に多いと言われる胴長・短足さん。パンツスタイルに自信がないのはもちろん、ワンピースも丈感を間違えると胴長感が思い切り出てしまうので何を着れば美しく見えるのか本当に悩みどころですよね。今回は、そんな胴長・短足さんでも美しいバランスが取れるファッションアイテムをご紹介します。

イラスト、文・角侑子

【スタイリストの体型カバーテクニック術】vol. 65

ハイウエストのギャザースカート

最初にオススメするのはフェミニン要素の高い、ハイウエストのふんわりギャザースカート。ウエストの位置を高めに設定できるハイウエストは胴長さんにとっては有難いアイテムのヒトつですよね。その中でもハイウエストのギャザースカートは足の長さを全体的にカバーしてくれるうえに、足が長く見える効果があります。丈は膝小僧が出ないミモレ丈で、さらに7cmヒールを履くと足長ラインが簡単に作れますよ。

ハイウエストアイテムはスカートの他にワイドパンツでも取り入れることができますが、お尻が大きい、骨盤が広がっている方はハイウエストのワイドパンツだとお尻がより大きく見えるので、ロングカーディガンなどでカバーしながら着こなしてくださいね。

Aラインのオールインワン

足の長さをカバーしてくれるもうひとつのアイテムはAラインのオールインワン。オールインワンはウエストの境目をなくしてくれるので、見る人に胴長であることを感じさせません。加えて、肩から足先に向かって、緩やかな広がりを見せるAラインは、体を余計に太く見せることがないのが嬉しいポイント。

とくに上半身が華奢な方にとってはよりスタイルが美しくなります。反対にバストが大きい方は、メリハリをつけるためにサッシュベルトやポーチで、おへそよりも上の位置にウエストマークをすると良いですよ。

V字エンパイアマキシワンピース

胸の下で切り返しがあるエンパイアラインのワンピースは、ハイウエストのボトムよりも足が長く、スッキリとしたラインを表現することができます。「胸下に切り返しがあると、バストが大きい私は余計に太ってみえて心配……」という方でも安心できるエンパイアワンピースのラインが、このV字のカッティングが施されたシルエットのもの。

太めのマチでVの字を作っているので胸のボリュームをスッキリ見せるのと同時に、ハイウエストよりも高い位置からスカートに切り替わっているのでお腹の膨らみ全体をも隠してしまえます。しかもドレッシィな装いなので上品な大人の女性にぴったりのシルエットライン。これなら足が短くみえてしまいやすいフラットシューズも苦手意識を持つことなく取り入れられますよ。

ウエストの位置を自在にコントロール

トップスとボトムの境目が明確にわかってしまうと、本来の足の長さがバレてしまいます。できればワンピースやオールインワンなどといったウエストの位置がすっぽりカバーできるものをオススメしています。

またウエストをより高い位置に設定したハイウエストやエンパイアのラインを生かすことで、錯覚させて脚長であるように見せることも大切。隠す部分は隠しつつ、別のパーツでは抜け感を出すためにある程度の露出を心がけましょう。