こちらは大日本帝国憲法発布を伝える号外(資料提供/羽島知之)

写真拡大

 突発的な大ニュースをいち早く伝えるために、朝夕刊の新聞とは別に臨時で発行される「号外」。

「どの号外も私の宝です」──約70年間にわたり、3万点を超える号外を収集してきた東洋文化新聞研究所代表の羽島知之氏(83歳)はそう語る。

 号外との最初の出会いは、高校1年生だった1951(昭和26)年9月。学校帰りに渋谷駅で偶然手にしたのが、サンフランシスコ講和条約の調印を伝える毎日新聞の号外だった。この1枚から、号外収集が始まった。

「もともと、中学時代に新聞題字の収集を始め、その情熱が号外にも広がったのです。大学時代には東京・神田の古書店街や古書即売会などに足繁く通い、古い号外を探し求めました。

 社会人になっても熱は冷めず、号外が出そうな時は新聞社に電話で問い合わせ、配布される街頭に急ぎました。日劇前で号外を受け取っている私の姿が翌日の朝刊に載ったこともありました」

 その新聞コレクションは海外にまで知られる。ある時、アメリカ人から人を介して、ベーブ・ルース来日の号外を買いたいという申し入れがあった。

「東京駅から銀座をパレードした時の様子を報じる昭和9年発行の号外です。100万円でもいいから譲ってほしいと言われましたが私も持っていたいので、もちろんお断わりしました」

 集めた号外は近現代を象徴する出来事をたどることができるものが多い。特に珍しいのが、太平洋戦争中、日の目を見なかった“幻の号外”だ。

「戦争で用紙不足が一段と厳しくなり、新聞用紙配給の実権を握っていた日本新聞会が個々の新聞社の号外自由発行を禁じたため、号外は昭和16年暮れから空白期間に入ります。

 昭和19年には夕刊も廃止され、政府が要請か承認した時のみ東京の5社の“共同号外”が当番社によって発行されることになった。“幻の号外”は、1日に2回出すなと政府が途中でストップをかけたもの。現存するのは唯一私の手元にあるものだけという超レア資料です」

 羽島氏の調査によると、1日当たりの発行紙数が史上最高を記録したのは昭和64年1月7日。「昭和天皇崩御」号外で115紙を確認しているという。

 号外を「第一級の生資料」と位置づける羽島氏。収集した号外を含む新聞資料約10万点は現在、横浜市のニュースパークにある。

「テレビやインターネットが発達した現代において、号外は速報機能で後れをとっているかもしれません。しかし、手に取って歴史的瞬間やニュースの重みを感じることができるのは、号外だけなのです」

●羽島知之(はじま・ともゆき)/1935年、東京生まれ。1960年、東洋大学卒業。三栄広告社の取締役を経て日本新聞博物館特別専門委員、東洋大学理事などを歴任。東洋文化新聞研究所代表。編著書に『号外』シリーズ全12巻(大空社)など。

※週刊ポスト2018年6月15日号