もはや記憶のかなたに行ってしまった感があるが、昨年6月、元SMAPの3人(草磲剛、稲垣吾郎、香取慎吾)はジャニーズ事務所に契約更新の意思がないことを伝えた。そして9月の契約満了をもって独立。今年もその時期がやってきた。現在、残っているのは木村拓哉と中居正広の2人。

 木村に関しては、今さら独立話などなさそうだが、問題は中居だ。

 昨年6月、独立した3人と一緒に中居も事務所を飛び出すものと、誰もが疑わなかった。それがどうだ。フタを開けてみたら、中居は残留を決めた。おかげで、木村同様“裏切り者”の汚名を着せられることになってしまった。

「残った理由はいろいろ取りざたされていました。一番には、計算高い中居君のことだから、いま出てしまったらメリットが何もないと考えたのではないかということ。確かに、新しいCMも入っていましたし、事務所から特に冷遇されてもいないし、解散したから、肌の合わない木村と一緒に仕事することもないだろうし」(スポーツ紙記者)

 ほかには、出ていった3人のレギュラー番組が、次々と打ち切りになっていたため、自分もそうなるのではと危惧したとか、後輩グループ「舞祭組」が独り立ちできるまで面倒を見るのだろうといった見方もあった。

 中居が一切何も語っていないため、その真意は分からないが、実は今でも“中居独立説”が根強く残っている。

「昨年6月の時点でも、来年は必ず独立する、という話がマスコミの間で流れていて、そのまま引きずっています。独立した3人は順調とは言えないまでも、芸能活動は続けられていますし、中居君のポジションも安定しているように見えます。いま独立しても、事務所の横やりが入る心配もなさそうだし、状況が悪化するとは思えません。可能性は少なくないでしょう」(芸能プロ関係者)

 もし彼が事務所を出たら、3人と合流するのだろうか?

 最近発売された女性誌には、中居が香取と食事していたという報道があった。

「3人とケンカ別れしたわけではなく、あのときは餞別も渡しています。今でも仲がいいのに変わりはなく、連絡も取っているようです」(前出のスポーツ紙記者)

 ただ昨年、3人が退所する時、中居は「(マネジャーだった)飯島三智さんとは合流しない」と告げたという。中居と飯島氏の間に何があったか分からないが、どちらにせよ今月中に答えは出るだろう。

 また独立した3人に関して、「独立前に比べ、活躍の場が減っていますが、それはマスコミが指摘するような事務所の圧力やテレビ局の忖度があるからとは限りません。芸能界は下克上。彼らの代わりになる人が次々に出始めています。逆にこれまで華々しく活躍できたのは『SMAP』というグループによる人気と、ジャニーズ事務所の力が大きかったからだと言えます」(前出の芸能プロ関係者)。

 これからは本当の実力が問われることになる。

 それにしても、あれほど世間を騒がせ、社会現象にもなった“SMAP騒動”。1年もたてば口にする人も少なくなった。これが芸能界の常なのだ。

 さて、今、中居が事務所を飛び出したとして、さらなる飛躍は期待できるだろうか。逆に残留を選んだとしても、明るい未来が待っているとは限らない……。

(取材・文/芸能ジャーナリスト 佐々木博之)