20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の食品関係のオフィスでテレアポの仕事をしている三浦さくらさん(仮名・29歳)。鎖骨まである明るめのストレートヘアに、バサバサしたボリュームのあるマツエクとまん丸な大きな瞳が印象的です。服装は赤の袖がフレアになったTシャツに、サスペンダーが付いた黒のティアードスカートを履いています。財布こそブランド物ですが、カバンやキーケースは大きく英字がプリントされたノーブランドのもの。全体的に派手さを感じるさくらさんですが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京で、両親と8歳下の妹との4人家族です。父とは血はつながっていなくて、妹は今の父親の子供です。私の父親は幼稚園の頃に離婚して以来会ってもいません。小さい頃からあまり家に帰ってこない人だったので、そんなに記憶にありませんね。今の父親は小学生の時に再婚した人で、ちゃんと仲良しですよ。小さい頃の再婚だったので、懐くこともできたし、妹ともうまくいっています。でも、もしかしたら関係ないのかもしれませんが、妹より私のほうが放任ですね。何を決めるにしても反対されたことはありません。妹は高校生の時にアルバイトを始めるのにも父親の了解が必要だったんですが、私はまったく反対されなかった。気にし過ぎかもしれませんけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。私はテニス部のマネージャーをしていて、1つ上の先輩と付き合っていました。部活内には他にいいなと思っていた先輩がいたのですが、その人には相手にされていなくて。付き合ったきっかけは、告白してきてくれて、彼は部長で部内の受けも良かったので、いいかなと。すごく真面目な人で、彼が卒業するまで1年半ぐらい付き合ったのにキスまでしかしませんでしたね。別れた理由は、彼が東北の大学に行ったからです。遠距離はしんどいと思って、話し合いで別れました」

高校卒業後は都内の短大へ進学。学校生活は楽しいものでしたが、就職活動に失敗してしまいます。就職を諦めたさくらさんは専門学校に進学します。

「短大は何も考えずに、高校時代の友人がそこに進学すると言ったので合わせたんです。特に勉強したいこともなかったんですが、高校卒業後すぐに働く気にもなれなくて。

短大生活は楽しかったです。色んな地方の子とも仲良くなれたし、さまざまな大学のサークルの飲み会に参加したりして、彼氏もできました。どれも数か月しか続きませんでしたけどね。その頃にはほとんど家に帰らずに、友達の家や彼氏の家を転々としていましたね。両親ともに怒らなかったんですよね。

毎日のんびり楽しく過ごしていたんですが、短大って2年生にはみんな進路についてバタバタしてくるんですよ。私も就職活動はしたんですが、数社受けてダメだった時に心が折れてしまい断念しました。私が行っていた短大からはその後大学や専門学校に進学する人も少しはいたので、そこに便乗しちゃいましたね」

アルバイト先で出会った男性には遠距離中の彼女がいて……

専門学校では、憧れていたファッションの道に進みますが……。

「短大を選んだときは、友人に合わせて栄養や調理に進んだんですよ。楽しそうだからいいかなと思って。でも実際は友人とワイワイするのは楽しかったですが、授業内容は本当につまらなかったですね。

だから専門学校は、前からオシャレが好きだったのでファッション系に進みました。でも、思っていたよりイラストなどの課題は多いし、授業だけでは追いつけなくて居残り作業も多くて……。だんだんサボり気味になって、2年にはあまり行かなくなりました。年下が多くて、そこまで仲良くできるような友人もできませんでしたしね。結局2年の途中で中退しました」

その後、専門学校時代から働いていたアルバイト先で、2歳年下の大学生と出会います。

「彼はバイト先から近所の大学に通うイケメンで、高良健吾さんに似ていました。バイト先はコーヒーチェーン店だったんですが、スタッフは女性が多くて彼は人気者でした。どうにか抜け駆けをしようと、彼とできるだけシフトを合わせて、一緒に帰ったりしていたんです。彼は読書が趣味みたいで、本の話をいっぱいしてくれました。私はまったく興味がなかったんですが、読みたいとアピールを続けて、貸し借りする関係になれたんです。彼の家まで本を借りに行ったことがあったんですが、玄関にアロマのディフューザーがあったんです。絶対に女だと思いました。話を聞くと、彼の地元の広島に遠距離している彼女がいるそうでした。遠距離なら奪えると思いました。奪い返されるなんて思ってなかったですよ……」

一緒に図書館に行って、彼のオススメの本を聞く時間が好きだったそう。

彼のほかにやりたいことなんてなかった。結婚の約束をして彼についていった広島の地で見た悪夢とは……。〜その2〜に続きます。